ここから本文です

約束の旅路 (2005)

VA, VIS ET DEVIENS/GO, SEE, AND BECOME/LIVE AND BECOME

監督
ラデュ・ミヘイレアニュ
  • みたいムービー 231
  • みたログ 271

4.26 / 評価:81件

複雑な複雑な近代史

  • kko******** さん
  • 2018年9月7日 21時39分
  • 閲覧数 251
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

イスラエル共和国の建設が、エチオピアのユダヤ人末裔「ファラシャ」のイスラエル「帰還」(モーセ作戦)や、アフリカの飢餓問題、そして、イスラエル内での差別意識などとからみあって、複雑な様相を呈した、という話。
そこに翻弄される若者、家族、ラビ、恋人、友人たち。
「戦争反対」とか「武力もやむなし」とか、そんな簡単に言い切れないほど、暴力的な対立って根深い。
母がすばらしい、っていうか、その正直さ、やさしさ、忍耐に、ありがとうっていいたくなる。
苦しい痛みと衝突をかかえながらも、血のつながりがない同志が、血よりも濃い家族になっていく姿は、ぼくにとって胸を打つナラティブ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ