ここから本文です

約束の旅路 (2005)

VA, VIS ET DEVIENS/GO, SEE, AND BECOME/LIVE AND BECOME

監督
ラデュ・ミヘイレアニュ
  • みたいムービー 231
  • みたログ 271

4.26 / 評価:81件

解説

イスラエル情報機関が、エチオピアのユダヤ人だけをイスラエルに移送した、“モーセ作戦”の実体に光を当てた感動の一大叙事詩。この作戦に人生を翻ろうされた少年の苦難の人生を描き出す。その養父母を演じるのは『サンサーラ』のロシュディ・ゼムと、アモス・ギタイ監督作品で知られるイスラエルの大女優ヤエル・アベカシス。異国の地でたった一人、必死に生き抜こうともがく少年と、彼を守ろうとする母親の強い愛に涙する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1984年、9歳の黒人の少年(モシェ・アガザイ)は、ユダヤ人を装いスーダンの難民キャンプからイスラエル行きの飛行機に乗り込む。到着後、彼はシュロモというイスラエル名をもらい、ヤエル(ヤエル・アベカシス)とヨラム(ロシュディ・ゼム)夫婦の養子となる。彼は新天地で新しい生活を始めるが、黒人への差別は激しかった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ