ここから本文です

絶対の愛 (2006)

TIME

監督
キム・ギドク
  • みたいムービー 73
  • みたログ 404

3.35 / 評価:149件

人を愛する決め手は容姿か心か?

  • ポルティ さん
  • 2019年8月7日 14時07分
  • 閲覧数 491
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

整形大国の実情に強烈な一石を投じる鬼才ならではの問題作である。
とにかく発想が面白い。しかもその思いついたアイデアをイメージだけに留めることなく、見事なストーリーテリングの上手さで語り切る演出力にはいつもながら唸るしかない。
途中までの展開もグイグイ惹きつけられるが、一気にサスペンス味の加速した後半からの狂いっぷりが凄い。あの仮面の場面など一瞬背筋が寒くなった。
まさかの「整形返し」の結果、ジウは整形を失敗したのだろうと推測する・・・
切なさと狂気をはらんだこの異形のラブストーリーに空恐ろしさを感じずにはいられない。
極論を承知であえて言う。これはもうホラー映画だ。

主演のソン・ヒョナは整形であることをカミングアウトしているようだが、確かにその顔は鼻水が垂れる表情さえも美しい。人工的に顔を作っている彼女たちを美女と呼ぶのはやっぱりちょっと違うだろう。
ミスコリアのコンテストなんて、毎年出場者全員が「同じような顔をした美女たち」で、優勝者も毎年「同じような顔をした美女」らしい。
日本では耳にピアスを開けるのも躊躇する雰囲気があるのに、美を手に入れるため女性が全く臆せず顔にメスを入れまくる土壌がある韓国でこの映画が生まれたのは、必然だったかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ