ここから本文です

絶対の愛 (2006)

TIME

監督
キム・ギドク
  • みたいムービー 74
  • みたログ 405

3.36 / 評価:150件

整形より怖いもの・・・

  • mao***** さん
  • 2012年10月30日 11時26分
  • 閲覧数 1323
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

『この時代の 表面的な現実 を題材にした
 人間の   本質的な問題点』   



もしかすると、問題点は、いつの時代もさほど変わらないのかもしれない。
どんな問題が表面化するか、の違いではなかろうか?



自分を見失い、エゴイストな感情に侵された心の行く末
迷いにまよって、自らによって作りあげた
ループする苦痛な時間の渦に飲み込まれてゆく・・


時間は進むことなく、あの満潮時の彫刻の上のように、一人取り残され
探しているものが目の前にあっても、みつけられない
心の目が閉ざされているから・・・
結局   自分しか見てない
最初から 自分しか見てない 見ていなかっただろう あのふたり・・

もし、、仕草や声、におい、雰囲気、で相手が分かるぐらいに
ちゃんと愛せていたら・・・

そう出来ていたなら、時間は先に進んだのかもしれない

あの額に悲しい彼女の写真が入ることも、
あの額が戻れない状態に壊れることも、
それを彼女自身で拾うことも、
その写真が誰の気にも止まらず、忘れさられることも、
そして、またあの額に、彼女の悲しい写真が入ることも、
そう、過去の自分が未来の自分を苦しめることは、、
なかったのかもしれない


あの事故の男性だって、彼かもしれない、彼じゃないかもしれない
心の目が固く閉ざされた彼女には・・・



悲しく、苦しい時間のループ
ぶつ切りされた時間のループ

同じところをぐるぐる回って、止まれないのに、前に進めない・・・





本当に大切なものは何なのか?
大切なものを見失ってないか?
人をちゃんと愛せてるか?
自分をちゃんと愛せてるか?

自分を見失ってないか?





心の目が閉ざされてないか?







整形はこの時代の象徴ではあるが、それは、氷山の一角にすぎないの
だろう・・・

この氷山の一角から学べるものは、無限だ。

表面にとらわれず、この裏側にあるものを見つめたくなる、、、
そんな作品。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ