2007年5月19日公開

パッチギ! LOVE&PEACE

1272007年5月19日公開
パッチギ! LOVE&PEACE
1.8

/ 2,036

8%
7%
9%
6%
70%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1974年、アンソン(井坂俊哉)は病気の息子の治療のため、一家で京都から東京に移り住む。妹のキョンジャ(中村ゆり)は芸能プロダクションにスカウトされ、甥の治療費を稼ぐために芸能界入りを決意する。彼女は先輩俳優の野村(西島秀俊)と出会い、彼に恋心を抱く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1,833件)

絶望的20.0%不気味18.7%恐怖17.1%パニック15.7%コミカル6.4%

  • TEX-MEX

    5.0

    評価が極端に分かれる映画

    在日、韓国、朝鮮と聞くと虫酸が走る人は見てはいけない映画です。桐谷健太が在日達にフルボッコされます。内容はともかく、出演者のクレジットを見て、あれ?どこに出てたっけ?と後で探す面白さがあるくらい、沢山のバイプレイヤーが出てます。

  • pag********

    4.0

    痛快

    この映画に描かれた在日朝鮮人たちの心情をすべて理解できるわけではないが,日本人の思い込みを解くのには十分だと思った。戦争で死んでいった人々のおかげで今があるのではなく,たくさんの有為な人材を失った結果が今なのだ。暴力シーンが多いがヤクザ映画のような陰惨さがなく,むしろ元気を与えてくれる。芸能界の胡散臭さが端的に表されているのも面白かった。撮り方は古典的。ただ,おそらく予算の足りないなかでの特撮はショボいだけであり,他の方法を考えてほしかった。脚本もやや粗い。 ※LOVE&PEACE という副題は内容にそぐわない。使うべき語は 「いのち」「生命」 だろう。

  • じゅんいち

    1.0

    クソじじぃが撮ったクソ映画

    何故、在日韓国人の映画は暴力が多いの?血と骨や焼き肉ドラゴンもそうだったけど、身勝手な人が多い。これが韓国人の姿なのであれば、関わりたくないですね。井筒和幸という男は、見もしないで映画を酷評しますが、自分の映画はどうなんでしょう?あんたが酷評してきた映画が名作にみえるほどあんたの映画は駄作ですよ。そんなに日本が嫌いなら引退して日本から消えてください。

  • こはる

    2.0

    いろいろ残念

    オンデマンドで視聴。 1作目はわかりやすく好ましく観ました。 在日の人たちの生活、苦労、などがユーモアにくるまれて伝わった。 本作はなんだかバラバラした印象。 どこにフォーカスしていいのかわからない。また、何故だか1作目とは違い、 とても在日のイメージが悪くなった。 ルール違反、非合法、やたら騒ぎ立てる、そんなシーンが多く、他にも描き方として失敗だなと思う部分が少なくなかった。 戦争のシーンなどがなくても、1作目の方が在日の人々の思いが伝わったのはなぜだろう。 役者は皆よかったと思う。 アンソン、キョンジャ役は1作目と代わったが、2人ともなかなか良かった。子役のチャンスはうまいし可愛かったー。藤井隆は抜群。 しかし、1作目との繋がり、桃子はなぜ亡くなった?キョンジャのイムジン河の彼氏は?チャンスはやはり病に勝てなかったのか?など、モヤモヤが残ってしまい、ストーリーとしてかなり舌足らずな印象だった。

  • frm********

    1.0

    期待してみたのに

    嘘と事実が混ぜられていて これが真実だとおもう人がでるでしょうね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


井坂俊哉李安成(アンソン)
中村ゆり李慶子(キョンジャ)
西島秀俊野村健作
藤井隆佐藤政之
風間杜夫ビョンチャン
キムラ緑子兄妹の母
手塚理美キョンスン
キム・ウンス高泰玉(テオ)
今井悠貴李燦秀(チャンス)
米倉斉加年枝川の長老
馬渕晴子ホルモン屋のおばさん
村田雄浩朝鮮将棋のおじさん
ラサール石井三浦プロデューサー
杉本哲太「太平洋のサムライ」監督
麿赤兒石橋中将役の大物俳優
でんでんライトエージェンシー社長
寺島進イカ釣り船の船長
田口浩正南プロデューサー
宮川大輔水中運動会のAD
山本浩司ライトエージェンシー松井
松尾貴史ギャグ好きのおじさん
清水優ヨンギ
桐谷健太国土舘応援団団長の近藤
粟野史浩応援団の金閣
土平ドンペイ応援団の金閣
田中要次先輩運転士
徳山昌守朝高生の番長
浜田学錦宏次郎
菅原大吉舞台挨拶の司会者
堀江慶サード助監督
長原成樹ブローカーの男
田中哲司取調官
日向丈刑事
愛染恭子スナックのママ
木下ほうかヤクザ俳優
金田敦時代劇の監督
並樹史朗倉田プロデューサー
竹下明子佐藤の母
鎌田愛佐藤の妹
吉田千晃三浦プロデューサーの秘書
久ヶ沢徹水中運動会の司会
川村亜紀水中運動会の司会
松永京子チャンスの母(写真)
ちすん若い海女
パク・ソヒ金村伍長
新屋英子故買屋の女店主
中村有志宇野重吉
温水洋一マスター
木村祐一漁船の船長

基本情報


タイトル
パッチギ! LOVE&PEACE

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日