2007年4月21日公開

ハンニバル・ライジング

HANNIBAL RISING

R15+1212007年4月21日公開
ハンニバル・ライジング
3.2

/ 959

9%
31%
37%
16%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1944年のリトアニア。名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失う。幼い妹ミーシャを連れて山小屋で生活を始めたハンニバルだったが、逃亡兵たちがやって来て2人を監禁。そこでのある出来事を経て孤児院に送られ、成長したハンニバル(ギャスパー・ウリエル)は、やがて逃亡兵たちへの復しゅうを誓う。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(583件)

不気味20.1%恐怖16.9%悲しい13.8%切ない11.7%絶望的9.6%

  • あーるびー

    4.0

    切り傷が。

    オンタイムで映画館で観たのをすっかり忘れて、今日で2回めの視聴。 懐かしいけど、やっぱショッキング 切り傷が印象的な俳優。 若くして亡くなったのも先ほど知る。

  • hik********

    2.0

    初めての“味”。

    あのハンニバル・レクターのビギニング。 日本刀だの中国人だの、色々とツッコミ所が多すぎでしたね。 ただ、拷問シーンの残虐性は良かったです。

  • mon********

    3.0

    別物として見 れば

    レクター博士=ホプキンスのイメージが強すぎる。 戦争当時、飢えをしのぐために人肉食べるのは仕方ないと思うけど、若きハンニバル…って名前だった!名前=レクターで脳内出来上がってる。 妹を食べた人間達に復讐する話。いや、その前に銃撃と炎で殺された両親には何も感じないのかい? 復讐のために人殺しして、後付けで無理やりほっぺた食べちゃった感じ。レクター博士がカニバリズムになる軌跡や心情はいまいち描かれていない。 ハンニバルとして映画にするより、別物にすれば良かったのに。主人公が美少年すぎてレクター博士に見えないし、レディムラサキの存在がよくわからない。羊達で何か日本に由来あった? 別物として見るなら楽しめたけど、ハンニバルではないです。

  • f_m********

    4.0

    端正すぎますか?

    ギャスパー・ウリエル氏のご冥福をお祈り申し上げます。 公開当時観に行きましたが、もうあれから十数年も経つとは… 最近、TV版ハンニバルを見たり、レッドドラゴンを見返したりして いたので、若かりしレクターを演じた彼の悲報に驚きました。 レクターは人気キャラ(アンソニー・ポプキンスが強すぎるが。笑) ですので、イメージが違うと思われる方もいるかもしれませんが、 最初からサイコパスだった訳ではない、青臭い、復讐に駆られる青年と しては端正な顔立ちでギラついた感じをよく演じていたと思います。 ストーリーとしては、復讐劇(正義は無いですけど)なので、 狂気というよりは、憎しみを全面に出しています。 そこが、レクターっぽくないかもしれませんが、 礼儀知らず嫌いはここからという事で。 まあ、日本の表現はどうかと、公開当時も思いましたが、 レディ・ムラサキって可愛い呼び名だなと、再見して思いました。 文化的な事は今更気にしても仕方ないかな。 レクターにしては端正すぎると公開当時言われてましたが、 どういう意味よ。逆に。笑

  • yui********

    2.0

    アクション映画

    これは、ハンニバルシリーズとは言えないです。ただ、映画としてはまあまあです。よくある日本の誤解がありモヤモヤしますが、アンチヒーローが大暴れする物として観てください。 原作自体があまり面白くないので、しょうがないのです。実際トマス・ハリスが書いてないんじゃないかと思うくらいつまらないのです。 ただ、なぜレクター博士というモンスターが生まれたのか分かるので観てもいいかな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ハンニバル・ライジング

原題
HANNIBAL RISING

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス/フランス

製作年度

公開日