ここから本文です

ドラゴン ~竜と騎士の伝説~ (2004)

GEORGE AND THE DRAGON

監督
トム・リーヴ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 22

3.29 / 評価:7件

肝心のドラゴンが・・・。

まぁパッケージ見た時に気付いたけど。



なんとなく予想はしていたけど。



フルCGで出て来るドラゴンのクオリティーが少し低すぎやしませんか?

なんとなく90年代中盤から後半ぐらいのレベルなんですよね。


むしろドラゴン登場させなくても充分ストーリーは面白いし、出演者の人達も豪華でしたよ。


原題は「GEORGE AND THE DRAGON」。
かつてドラゴンの胸に槍を突き刺したことを誇りに持つ父の息子として生まれたジョージは、生まれながらに騎士になることを義務付けられ旅に出ます。
そこで回教徒やなぜか処刑されかけた神父と出会い友好を深めます。
冒険を続けながら、騎士として戦い続けるよりも、平穏な生活を望むようになったジョージは自らの血に逆らうかのように故郷へ戻り、牛が飼える程度の土地を求めて王に謁見しにいきます。

しかし、王国はルナ姫様が行方不明になってしまいそれどころではない。
父のかつての冒険仲間の王様の娘と言うこともあり、土地を手に入れることを交換条件にジョージも、ルナ姫の婚約者と一緒にルナ姫を探しに行くことに!

しかし発見したルナ姫はさらわれたのではなく、絶滅したはずのドラゴンの最後の生き残りの卵を守るためにドラゴンの住処にいたのだった。
卵を処分しようとするジョージと卵を守ろうとするルナ姫。
喧嘩しながらも結局卵も一緒に王国に戻ろうとするのだが、その道中姫との政略結婚をどうしても成功させたい婚約者と、姫の救出を自分の手柄にしたいどっかの輩達、そして最後はドラゴンも入り乱れての大乱闘!!!
さてさて卵は無事に生まれるのか、ジョージ達は無事に王国に戻れるのか。

と言う感じのストーリー・・・だった気がします。



主役のジョージ役は有名ではないけど「ROCK YOU!」での王様役が印象的だったジェームズ・ピュアフォイ。
なんとなく「ミスト」や「パニッシャー」のトム・ジェーンを柔らかくした感じの役者さん。
これがまたイイ男です♪

親友役はマイケル・クラーク・ダンカン。
あんまり出番無かったですが相変わらず迫力あります。

ある時は良きパートナー、ある時はルナ姫を巡ってライバルとなるのは、先日残念ながらガンで亡くなってしまったパトリック・スウェイジ。
ロン毛姿で好演してました。

私の好きなヴァル・キルマーも友情出演かと言うぐらい短いですが、しっかり出演してます。

ルナ姫役の方も強さとしなやかさを兼ね合わせたようで奇麗でした。

エンドクレジットで流れるNG集も結構楽しめました。


ん~古代イングランドの話なのでドラゴンを是非登場させたかったんでしょうが、やはりどうしてもクオリティが気になってしまいます。
最近のCG技術がいかにすごかったかということを再認識させてもらえました。

まぁでも他の部分は充分楽しめますし、手頃な尺なので軽い気持ちで鑑賞できます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ