ここから本文です

こわれゆく世界の中で (2006)

BREAKING AND ENTERING

監督
アンソニー・ミンゲラ
  • みたいムービー 284
  • みたログ 907

3.50 / 評価:205件

こわれゆく世界の中で、私たちができること

  • hou******** さん
  • 2013年7月1日 15時44分
  • 閲覧数 1554
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

こわれゆく世界の中でというタイトルの邦訳は、原作のそれと遜色なく、良い。一度不安定になってしまった関係の中で、昔のように何もかもがうまく回っていた関係に戻ることがどれほど難しいか。誰もが追いつめられていき、時間がそれを解決してくれると信じて今の生活を維持しようと努力をするけれど、結局何も変わらず、動かず、溝も埋まらない。

どうすればいいのだろうか。どんな言葉をかければ、変わるのだろう。

父親がいない息子を見守る母親と、本当の父親と認められていないような状況で娘と接する二人の男女。それぞれが完璧な姿をしているわけではない。それを乗り越えようとしてもがいている姿を見ていたら、2時間があっという間に過ぎていた。これほど作品の持つ世界に引きこまれたのは久しぶりだ。ストーリーの展開が丁寧で、吟味された音楽が画面と私との隔たりを徐々に薄くしていく。自分が成長するごとに、新しい発見がある、そんな映画だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ