ここから本文です

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート (2006)

DRAGON TIGER GATE/龍虎門

監督
ウィルソン・イップ
  • みたいムービー 61
  • みたログ 378

3.34 / 評価:170件

タイトルが間違ってる

  • full_frontal6996 さん
  • 2008年2月22日 0時42分
  • 閲覧数 202
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

OPは別にアメコミのパクリじゃなくて原作コミックのもの。
日本にだってアメコミの影響を受けてる作家はいっぱいいるし、いちいちパクリだの何だの..
完全にオリジナルな方が飽和状態の今や難しい。
ま、そんな事はどうでも良いとして。

単純に言えば『実写版ドラゴンボール』とか『シリアスなカンフーハッスル』って感じか。
アクションはワイヤーとCGを多用、過剰なくらいのリアクションとオーバーなエフェクト、人間離れした『マンガな』超人の戦い。

敵ボスはジョジョの石仮面みたいなマスクを着けてて兎も角強い。
特に理由は無いけども
敵とかの目的っつーか組織の規模とかかなり曖昧で何か大味。
急にカリン様みたいな仙人が出て来て主人公らが修行モードに入ったり、突然のクラスチェンジ&
レベルアップで必殺技を習得して強くなるのは常道なんだけども中ボス無くいきなりクライマックスで、しかも最終的にその覚えた技も..原作コミックがどうなんだか判らないけど『劇場版Z三部作』みたいな荒っぽい
ストーリーで、原作の大まかな分岐点は全て盛り込みました、て感じの話。
少年マガジン、って言うより月刊マガジンみたいな。

カンフーシーンはドニー・イェンらしくなかなかクオリティ高くて良いんだけど『カンフーハッスル』な過剰なエフェクトとフルコンタクトな殺陣との齟齬はあったように思ったし、マンガ原作ならもっとバカバカしいくらい派手な技が飛び出す方が面白いのにその辺りは律儀に正統派。
ストーリーもどっかで観た感じだし、ネビュラチェーンなヌンチャクの必殺技もあっさり流され。

力対力の場合、やっぱり『キン肉マン』然り『ドラゴンボール』然り、最近では『ハチワンダイバー』なジャンプ伝統少年マンガの王道『知恵と勇気と根性で一発逆転』っていう方程式が楽しいんだし、あるいは力技のドラゴンボール的な『気合い一発で逆転』ってのは普通の作品が真似してもやっぱり駄目なものは駄目。
タイトルのセンスもストーリーのシリアスさを表現出来てないし、数少ないコミカルさとのバランスも悪い。
テレビドラマシリーズとかで各キャラとか中ボスとかさんざ掘り尽くしたら面白いかも知れんけども、映画でやるには無茶があった。そー言う感じ。
『SPL』の方が百万倍面白い。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ