ここから本文です

リーピング (2007)

THE REAPING

監督
スティーヴン・ホプキンス
  • みたいムービー 105
  • みたログ 896

3.17 / 評価:266件

アンナソフィア・ロブが名演技?

  • ハックル さん
  • 2008年10月1日 9時34分
  • 閲覧数 241
  • 役立ち度 30
    • 総合評価
    • ★★★★★

“奇跡”の真相を追う元聖職者の女性教授を中心に、小さな街で起こる不可解な現象を描いたスリラー。

旧約聖書の出エジプト記に記された「十の災い」に沿うように次々と起こる怪奇現象を、緊迫感たっぷりの演出で映し出していく。

主演を務めたのはオスカー女優、ヒラリー・スワンク。

過去に傷を持つ知的な女性を絶妙のバランスで演じている。

本作品は、恐怖要素はもちろんミステリー的な要素も取り入れ、見ごたえのある作品に仕上げている。

ラストにはあっと驚く真実も隠されていた。とてもよく練られたシナリオでとっても面白かったと思います。

ただ最後の恐怖はやりすぎの感はありますが‥。

何と言っても特筆すべきは、忌むべき存在ローレンを演じたアンナソフィア・ロブ。

憎しみと怒りを一心に湛えた鋭い眼差しと、醸し出される負のオーラで、忌み嫌われる存在という役柄を見事に熱演していて、ホラー作品たる今作の雰囲を醸し出してくれました。

それと、最新技術を駆使した「十の災い」の映像は、凄まじかった。

ただ“悪魔もの”が大好きな私としては、話の展開がそっちに進んで行ったのが少し残念でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ