ここから本文です

明日、君がいない (2006)

2:37

監督
ムラーリ・K・タルリ
  • みたいムービー 521
  • みたログ 992

4.03 / 評価:375件

誰が一番辛いかとかではなく

  • mis***** さん
  • 2019年8月19日 21時27分
  • 閲覧数 244
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

みんなそれぞれの境遇の下に問題や生きづらさあって、それは測れるものじゃないから、誰が一番辛かったのかとかを論ずるのは全くもってお門違いだと思う。だから、死んだからケリーが一番辛かったんだろうというような感想も何かが違う気がする。

私は、こんなに孤独を抱える少年少女が一つの学校に集まっているのにも関わらず、誰も苦しい胸中を分かち合えていない、という点がポイントのように思う。
例えば一言交わすだけで、誤解を解くだけで、会話をするだけで、ほんのちょっと相手に目を向けるだけで、それぞれの心の葛藤は、もう少し穏やかになったかもしれないのに...
過去に学生時代を過ごし、今を生きてる私たちは、この映画をある種の教訓として、人と分かち合おうとする努力を忘れないようにしなくちゃいけないのかもしれません。
しかし、最後のケリーに対してのメロディの発言の不穏さよ...「幸運だった」って、メロディよたくましく生きてくれ....

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ