ここから本文です

明日、君がいない (2006)

2:37

監督
ムラーリ・K・タルリ
  • みたいムービー 534
  • みたログ 1,005

4.02 / 評価:389件

彼女に無関心なのは監督

  • ukk***** さん
  • 2020年5月2日 12時20分
  • 閲覧数 306
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

自殺志願者の気持ちは自殺志願者にしかわからず、
自殺した者の気持ちは自殺した者にしかわからない。

何でもないように見える、ごく普通の優しい子の突然の死。
何をどうしたら止められるか、というものではない。

事件を受けとめて考えることは大切だ。
でも皆がそうしなくていい。そう想う人がそうすればいい。

映画はガスヴァンサント「エレファント」の映像手法そのもの。
あまりにも類似していて映画に入り込めず冷めてしまう。

内容としては事件を取り上げたいのだろうが、
自殺者を推理してしまって見てる側としては論点がずれてしまう。

鑑賞後に何かを得られる要素も低い。
ただただ事実を受け止めるだけ。

真似をしてまで映画で伝える必要があったのかな?

監督がエレファントのような映画をただ撮りたくて撮ったのだとしたら、それはもう、クラスメイト以上に無関心で失礼なんじゃないだろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ