ここから本文です

アフター・ウェディング (2006)

EFTER BRYLLUPPET/AFTER THE WEDDING

監督
スザンネ・ビア
  • みたいムービー 305
  • みたログ 432

4.13 / 評価:143件

ドラマチックな家族愛の物語

  • ポルティ さん
  • 2018年8月12日 14時01分
  • 閲覧数 209
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

鑑賞前にプロットを読んだ感じでは三角関係をテーマにしたドロドロの愛憎劇を想像していたが、実際は家族愛と人間の死の尊厳まで踏み込んだ秀逸な脚本と、スサンネ・ピア監督の女性ならではの丁寧な語り口が冴える上質の人間ドラマだった。見ようによってはシリアスなラブストーリーとして観ることも出来ると思う。
ストーリー上の主役はマッツ・ミケルセンでなく、ヨルゲン役のロルフ・ラッセゴードだと思うが、「偽りなき人」でも感じたものと同様、ミケルセンが素朴で生真面目な「普通の人」に見える(よい意味で)だけに、演技に生々しい印象を受けた。
ビア監督はこれまで観たことがなかったが、人間ドラマの演出に並々ならぬ力量を感じることができ、他の作品を追いかけてみたい気持ちになった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ