ここから本文です

デイズ・オブ・グローリー (2006)

INDIGENES/DAYS OF GLORY

監督
ラシッド・ブシャール
  • みたいムービー 22
  • みたログ 144

3.75 / 評価:37件

そこに正義があるわけではない

  • トランス さん
  • 2009年11月21日 15時48分
  • 閲覧数 223
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「戦争」という言葉を聞くとどことなく「戦勝国」=正義、「敗戦国」=悪というイメージがあると思います。

しかし本当に戦勝国=正義というのは成り立つのでしょうか?祖国解放のためにドイツと戦ったフランスは植民地の人々を徴兵して戦地へ送り出します。
その植民地の人々は昇給もないしフランス人と差別されるのに闘いでは最前線に送られる・・・

これを「正義」と呼ぶのでしょうか?

考えさせられる戦争映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ