ここから本文です

デイズ・オブ・グローリー (2006)

INDIGENES/DAYS OF GLORY

監督
ラシッド・ブシャール
  • みたいムービー 22
  • みたログ 144

3.54 / 評価:37件

思いがけず驚き

  • mar***** さん
  • 2016年2月14日 16時35分
  • 閲覧数 682
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

特に期待もなく予備知識もなく観たが、思いがけず余韻を残す見事な戦争映画だった。ハリウッドでは無理だと思う。第二次世界大戦のヨーロッパ、フランスがナチスドイツと戦った背景にアフリカの植民地の人たちを「愛国心」強要しながら差別タップリに扱っていた歴史があったのは初めて知った。植民地の「彼ら」は何のために闘ったのだろう?啓蒙・意識強要でなく淡々とした描き方が妙にテーマの重みを余韻づけてくれた。良い映画だと思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ