ここから本文です

幻影師アイゼンハイム (2006)

THE ILLUSIONIST

監督
ニール・バーガー
  • みたいムービー 467
  • みたログ 1,639

4.05 / 評価:579件

ギリギリ許せるオチ・・・ですね

  • tamaneko さん
  • 2013年4月22日 15時33分
  • 閲覧数 869
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

幻影師、いわゆる手品師ですが、
今作に登場する手品の数々は、
ホントに目の前でやられたら
たしかにビックリ仰天ものではあります。

エドワード・ノートン演じるその手さばきは、
まさに一流マジシャンそのもので、
俳優さんとは、見た目の役作りも重要ですが、
こういったテクニック的な細かい動きでも、
演じなきゃならない、さすがですね。

ストーリーは、個人的に好きなトリックサスペンス要素を含んだ、
謎ときみたいなのもあり、面白かったんですが、
オチがちょっとムリくり感というか強引というか、
まあ、らしいっちゃあらしい・・・と納得したほうがいいんでしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • 不思議
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ