ここから本文です

幻影師アイゼンハイム (2006)

THE ILLUSIONIST

監督
ニール・バーガー
  • みたいムービー 467
  • みたログ 1,639

4.05 / 評価:579件

冷静に考えてみると

  • jts***** さん
  • 2018年5月17日 21時39分
  • 閲覧数 1336
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 エドワード・ノートンさんを目当てに、評価が高かった本作をDVDにて鑑賞しました。
 評価に違わず面白い作品でした!ちなみに私もすっかりアイゼンハイムに騙されてしまいました。しかし冷静になって考えてみると、あそこまで皇太子を追い込む必要があったのかな?って思ってしまいました。
 単に失脚させてしまえば良いのではないか?そもそもソフィがそうなってる時点でもう目的はほぼ達成しているのではないか?何か過去に皇太子がアイゼンハイムの両親を無実の罪で処刑していたとか、彼が負うべき責めが見当たらないので結末が明らかになったところではウール警部の様な表情にはなれなかったのです。
 ウール警部がいちばんまともな登場人物であるように感じられますが、残念ながら真実は皇太子が言っていた様に、まともな仕事が出来る人は皇太子の周囲にいなかったという事なのでしょうね。
 という事で、ラストの爽快感は「ショーシャンクの空に」には及びません。しかし星4つには十分値すると感じる作品です。興味のある方は是非ご覧ください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ