ここから本文です

グッド・シェパード (2006)

THE GOOD SHEPHERD

監督
ロバート・デ・ニーロ
  • みたいムービー 733
  • みたログ 2,373

3.31 / 評価:684件

良い俳優が良い監督になれるわけではない

  • gettoughbetough さん
  • 2010年10月1日 22時28分
  • 閲覧数 238
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

その典型的なお手本みたいな映画。
デ・ニーロ監督が力みすぎたのか、とにかく長い割に、冗漫。
プロット自体も、特に前半はお世辞にも分かりやすいとは言えない。
時代ごとに細切れにし過ぎたせいか?

中盤以降、KGBが絡んだり、息子が成長してからは、多少は面白くは
なってはくるが、結局、最後まで昇華されることはなし。
もちろん、007などの娯楽に徹したスパイ物ではなく、CIAの誕生とキューバ
危機で米ソ関係が一触即発までいった諜報活動の内幕を、その真っ直中に
立たされた男の目線から真面目に描こうとした人間ドラマではあるのだが、
それにしても、ストーリー全体に緩急が付けられていないためか、面白くない。

主役を演じたマット・デーモンも、いくら何でも演技が抑えすぎだし、
ヘアメイクなどが「リプリー」そのまんまなのもいかがなものか?
あと、アンジョリーナ・ジョリーの役は、もっと無名の女優のほうが
しっくりきた。逆にジョリーの出番を増やすためだけの、中だるみ的な
シーンが目立つ。

さすがにデ・ニーロが声を掛けただけあって、他にも、アレックス・ボールドウィン、
ウィリアム・ハート、ジョン・タトゥーロといった大物俳優が結集しているが、
それだけに勿体ない作品。
しているので、

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ