ここから本文です

ダイ・ハード4.0 (2007)

LIVE FREE OR DIE HARD

監督
レン・ワイズマン
  • みたいムービー 924
  • みたログ 7,576

3.85 / 評価:2826件

アクション映画としては佳作。ただ……

  • rik***** さん
  • 2021年2月4日 2時01分
  • 閲覧数 152
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

単純なブルース・ウィリス主演のド派手なアクション映画として見るなら、面白いと思う。粗っぽさは目立つが、それを力で抑え込むのはハリウッド映画のよくやる手法。他に脇を固める役者陣、頼りない相方のマシュー、アジアンビューティーな典型的悪役の女マイ、ツンデレ気味なワーロックと言った、派手ではないが味のある役者が揃っている。


ただ、ダイ・ハードシリーズとして評価するなら、落第だろう。

マクレーンと言うはボロボロになりつつも、持ち前の頭脳と勘と運の良さで、不運をボヤきつつフラフラになりながら奔走する中年男と言うのがイメージだろう。

この作品ではパトカーでヘリに体当たりするわ飛行中の戦闘機から飛び降りるわそれで無傷などただのタフガイになってしまっている。

これではシュワちゃん辺りがやっても同じだろう。シュワちゃんならもっとはやく問題が解決するだろうが……

悪役のガブリエルも大した能力やカリスマの持ち主ではなく、やってることだけはスゴいため、言い換えれば天才気取りのただのイカれたハッカーでしかない。

まあ歴代のこの作品の悪役がやたらと濃い面子ばかりだったので、サイバーテロがメインの今作ではこんな敵でもよかったのだろうが……

マクレーンの娘は美人だったけど、そこまで必要かな?とは思った。まるでこの映画をダイハードにするためだけに無理矢理出したみたいに、「マクレーンの娘だから取り敢えず出しとくか」的な感じが否めない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ