ここから本文です

ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー (2003)

THE RIDE: Back to the Soul of Surfing

監督
ネイサン・クロサワ
  • みたいムービー 26
  • みたログ 56

3.92 / 評価:26件

Aloha to you~

  • movie oyaji さん
  • 2008年8月18日 22時51分
  • 閲覧数 310
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

今夏、なにかと忙しくて、いまだ海に入ることも、海を見ることすら叶わない方々に、ちょっぴり素敵なお裾分けです。
ダイヤモンドヘッドに落ちる夕日を見てみないかい。
サーフィン映画というか、爽やかに展開するラヴストーリー。

現代のサーフィン・チャンピオンが過去にタイムスリップしてしまい・・・・・
伝説の“サーフィンの父”と言われた勇壮なハワイアンとの出会いを通して、驕り高ぶっていた自身を見つめ直していくもの。
1911年、ワイキキビーチ。
豪華ホテルもなければ、大胆に露出したビキニの美女もいない。それゆえに、青い波と白い砂がやけに眩しく突き刺さってくる映像。自然の景色がとても美しいのだ。

お話は、タイムスリップものとしては、過去に行くのも現代に戻るのも王道な展開なので、ある意味安心して観ていられるんだ。そんなところは本作のテーマじゃないからね。
家族愛、お互い助け合い尊重する人間愛、自然を尊ぶ真の人間像を古き良きハワイアンの生活を通して教えてくれているのです。

それと、「現代のサーフチャンピオンが過去で大活躍!」なんて陳腐なる設定にしなかったところにも好感が持てたし、グラスファイバー製の軽量サーフボードを巧みに操るチャンピオンでさえも、古の大きく重たい木製サーフボードは上手く操れないところが面白くできていたと思うなぁ~
サブストーリーで綴る主人公の恋も爽やかで気持ちいいですよ。笑顔のとても素敵な彼女に微笑まれると鑑賞者である僕らも勘違いしてしまいそう♪
そして、ラストにはちょっとしたサプライズ的な演出までもが用意されていますから。

単なるサーフィン映画ではなく、実在したハワイの英雄を讃え、タイムスリップという小細工を交えて上手くまとめ上げた作品ですね。鑑賞後は癒されると同時に爽やかないい気持ちになれました。


サーフィンを嗜まなくとも、海が好き、素敵な音楽ハワイアンに酔いしれたい、自然に癒されたいと感じる方には、ドンピシャな作品だよ。
この夏にお薦めです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ