ここから本文です

300 <スリーハンドレッド> (2007)

300

監督
ザック・スナイダー
  • みたいムービー 670
  • みたログ 5,670

3.48 / 評価:2686件

スパルタが強い。

  • wit***** さん
  • 2018年5月12日 17時27分
  • 閲覧数 1150
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトル通り、ただただスパルタが強い。あと、アクションの迫力は凄い。

でも、その他の要素はちょっと微妙。
軍記?ものなのに化物みたいなのが出てくるのはちょっと冷める。しかも、その化物も特に物語をかき回す事も無くスパルタの強さの前にやられる。出す意味あったのか…?

レオニダスもあまりカリスマ性が感じられない。兵を率いる強き王ってよりは単純に強い個人って感じに思えた。
宗教を邪魔くさく思ってるのもなんか違う感じがする。昔の人ってもっと神を大切にすると思う。
そういうところからリアリストなのかと思いきや、たった300で出兵する所は理想や気持ちを重要視する感じで、矛盾してよく分からない。
それに附随する話で、レオニダスが戦う理由は自由を求める為って結構強調されているけど、スパルタも宗教でがんじがらめで全く自由じゃない。レオニダスもそれを不満に思ってるから、そこらへんの動機も矛盾してよく分からない事になっている。

あと、登場人物が脳筋で馬鹿過ぎる。
レオニダスはまぁ脳筋でもいい。むしろ、もっと脳筋でいてほしかった。
ただ、その妻の王妃。レオニダスに援軍を送る為に色々頑張るのは良いんだけど、その末に罠に嵌められて、嵌められた事にブチ切れて嵌めた奴をぶっ殺しちゃう(しかも議会の途中で)のはいかがなものか。
いや、こっちはスッキリしたけどそれはマズイだろ。
そして、そのぶっ殺した奴の懐からペルシア(敵国)の金貨が落ちてきて、裏切り者だったって事が判明して万事解決する。
いや、流石に馬鹿過ぎる。なんで敵国の金貨持ち歩いてるんだよ。しかもペルシア側もなんで報酬を自分の所の金貨で渡すんだよ。

こんな感じの完全に無理のある頭脳?戦で援軍を送れるようになるけど、決定が遅すぎて援軍が整列してる時には300人は全滅してる。
完全にこの頭脳?戦の存在意義が分からない。こんな事やるなら戦闘とか300人の兵のキャラの掘り下げや心情とかをもっとやって欲しかったと思う。

完全に個人的にがっかりだった点を言うなら、有名な「来たりて取れ」が無かった事。
それと、スパルタ兵もただただ強いのみで、壮絶な獅子奮迅といった感じでは無かった事。多くのペルシア兵を巻き添えに死んでいくというよりは、多くのペルシア兵を余裕で殺した後に呆気なく死ぬ感じだった。

全体的に、「宗教を切りたい」とか「自由の為に戦わせたい」とか「強い女性を出したい」etc…の、〜したい!を無理にでも出そうとし過ぎてよく分からない感じになった感じがある。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ