ここから本文です

そのときは彼によろしく (2007)

監督
平川雄一朗
  • みたいムービー 403
  • みたログ 1,656

3.30 / 評価:663件

解説

『いま、会いにゆきます』の人気作家・市川拓司が、2004年に発表した恋愛小説を映画化した純愛ストーリー。幼なじみの3人の男女を主人公に、彼らがおりなす奇跡的な友情と恋愛模様を、みずみずしく繊細(せんさい)なタッチでスクリーンに映し出す。それぞれに純愛映画の代表作をもつ、長澤まさみ、山田孝之、塚本高史が共演を果たした。実力派の旬の若手俳優による確かな演技の積み重ねと、心から相手を想う力が奇跡を起こすテーマが心を揺さぶる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ささやかながらも美しい水草の店を経営している遠山智史(山田孝之)の前に、ある日突然、スーパーモデルの森川鈴音(長澤まさみ)が現われる。実は鈴音は智史の幼なじみの滝川花梨で、ふたりは再会を喜びを分かち合う。二人はもう一人、親友で画家志望の五十嵐佑司(塚本高史)のもとへと向かうが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ