ここから本文です

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (2007)

監督
摩砂雪
鶴巻和哉
  • みたいムービー 484
  • みたログ 4,868

3.67 / 評価:2477件

そして機は熟したり。

ヱヴァンゲリヲン。ふと違和感を覚えました。何かが違う・・・そうだ、新世紀がとれてなくなった。エがヱに、オがヲになった。つまり別物。似て非なるもの。

リニューアルでもなくリメイクでもない。リビルド=rebuild。

wikipediaによると”建てなおす、再建する”の意。それまであった物をいったんゼロに戻し、1からつくり直す。文字通り12年前の膨大なデータを引っ張り出してきて、それを元にすべて作り直したんだそうです。さらに言えば、この12年でいろいろな事が変わりました。社会情勢、価値観、常識、科学技術。当然ながらアニメーションの制作現場にだっておのずとその波は押し寄せてくる。CGの導入。それまでは手描きのセルを何枚も重ねていたものが、デジタルだと簡単に処理できてしまう。しかしスタッフはこうも言っています。

CGは作品の平均点を上げてくれるけど、作品そのものを満点にすることはできない。(キネマ旬報9月上旬号)

最終的には人の手によるドローイングやペインティングが作品の優劣を決する。テレビ放映版では予算や時間の関係で出来なかったことを新劇場版ですべてやっている。そしてそれは単なる進化だけでなく、新解釈としての21世紀のヱヴァとして。10年前当時、人生に迷っていた自分を先輩が誘ってくれたのが『劇場版エヴァンゲリオン』テレビでは未見、なんの予備知識もなく観たのですが、その完成度の高さや神秘性に魅了されました。とどめはエンドロール終了後、最前列に陣取った観客からの熱い拍手喝采。ちょっと引きましたが、『ウォーターボーイズ』以前に偶然にもこういう現象を目の当たりにしていたんですね。

以来レンタルビデオショップに通い、テレビ放映版を通して観ました。でもその1回きり。なもんでコアなファンやマニアとまではいきませんが、自分もエヴァ信者の1人であることは間違いありません。そういや当時、エヴァにハマっていた自分らを見てアニメヲタク呼ばわりしてバカにしていた連中がいました。時が経ち、連中はつまらない大人になりました。夢見ることを忘れ、他人の幸せを妬み、仕事の愚痴をこぼし、上司の悪口しか言えない。そんなつまらない大人にならずに済んで良かったとおもっています。エヴァ、そしてヱヴァ有難う。



本題です。ぶっちゃけ、かなりの衝撃を受けました。もう頭の中でサードインパクトが起きたって感じ。鑑賞後、明るくなった場内は騒然。三々五々席を立つ人たちから聞こえてくる言葉。

『意味分かんない。』
『テレビのと違う。』
『エヴァってこんなんだっけ?』
『映像がキレイ!』

すべてが正解。それでこそヱヴァなのです。テレビ放映版とは明らかに異なるシークエンスの数々。特筆すべきは、現段階で最強の使徒ラミエルとの死闘、コードネーム”ヤシマ作戦”。CGの恩恵にあずかり、見映えだけでなく破壊力でさえもパワーアップしたラミエルの、トランスフォーマーも真っ青の変形。通常形態から攻撃形態へのトランスフォームは芸術の域に達しています。あ、ラミエルの携帯ストラップってつくったら売れそうですね。

10年前にもあった、UCC缶コーヒーとのタイアップ。今回もコンビニに並んでいますね。それはいいんですけど、前半やたらと目につくのはちょっと閉口しました。いくらスポンサーとはいえ・・・あ、でもミサトの缶ビールを飲んでプッハ~、クゥ~!が健在で嬉しかった(笑)。レイやミサトによるサービスショットも散見されます。つまりヱヴァが子供向けに迎合した作品ではなく、大人のための大人による大人のアニメなんだということ。決して変な意味ではありません。

セカンドインパクト後の世界や使徒という存在、Nervやテーゼという組織、ヱヴァンゲリヲン、ゲンドウと綾波レイの関係・・・予備知識なしで観るのは、謎が謎を呼び、その謎が解き明かされないまま終了という作品の性格上、作品そのものを否定しかねない危険性もあるので、ある程度の予習をお勧めします。

未見の人も、ちょっと興味のある人も、12年来の熱狂的ファンの人も、是非映画館へ足を運んでいただきたいものです。そして自身の目で確かめてみて下さい。これが偽物なのか本物なのか。意見が二分していますが、仕方のないこと。たまたま自分がこっちの立場だっただけです。


蛇足。エンドロール終了後、お約束のミサトの次回予告が入ります。来年公開予定の『破』待っているのは明るい世界か、暗闇か。さぁて次回もサービスサービス。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ