ここから本文です

ミノタウロス (2006)

MINOTAUR

監督
ジョナサン・イングリッシュ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 39

2.15 / 評価:20件

D&D,ドラクエ期待なら見るべからず

  • goldenkingpoint さん
  • 2008年1月19日 4時11分
  • 閲覧数 549
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

指輪物語やD&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)の書籍
読んだり、サイコロ転がして遊んでた懐かしき思い出。
ザナドゥなんてのもあったけどドラクエやFFのファミコン
RPGが台頭して全国区の盛り上がり。
新作出るたび並んだあの頃思い返せば、映画でドラゴン出る
ってだけで見てみたくなるのが悲しい性。
たとえB級と分かっていてもだ。

だからミノタウロスって聞いただけでも反応してしまうのは
性癖以上にこのキャラに特別な思いがあるわけなんだけど…。

物語だが戦士、魔道士、シーフ等がパーティつくって迷宮を
冒険するといったD&Dを期待すると完全に裏切られる内容。
そこまでなら数々のB級ファンタジー系で免疫ついてるから
驚きはしない。
面白さはおいてギリシャ神話を基に描かれているようだから
むしろこちらが正しいと見れば救われる。

だけど登場するあのミノタウロスってどうよ?

牛頭人身の怪物期待して出てきたのは巨大な牛の化け物。
もっと違う描き方がなかったものかな。
例えていうならベルセルクに出てくるゾッド、こちらの方が
かなりイメージに近い。

予算無いからスケール感も小さくなってしまうのは分かるんだ
けどやりようによっては凄いもの出来るのではないかな?

ガス爆発させてロースト・ビーフの展開は読めすぎて実に陳腐
で笑えたけどねww

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ