レビュー一覧に戻る
ジェニファー・ラヴ・ヒューイットの セレブリティ

ジェニファー・ラヴ・ヒューイットの セレブリティ

CONFESSIONS OF A SOCIOPATHIC SOCIAL CLIMBER/CELEBRITY

89

kak********

3.0

自己中心の我儘キャリア・ウーマンの告白!

社交界のトップを目指す広告代理店勤務の女性カチャが 主人公のコメディ。 主役は、TVシリーズ『ゴースト~天国からのささやき』 が大ヒットし、アメリカでは人気抜群のジェニファー・ ラヴ・ヒューイット。 相手役も、TVシリーズ『ユーリカ~事件です!カーター 保安官』の主役を務めるコリン・ファーガソン。 といっても、ラヴ・コメディは脇役で、もっぱら我儘娘の 奮闘ぶり中心の展開となるのだが・・・ 性格的には嫌われ者の代表的な役を演じながら、キュートで 可愛さの方が強調されてしまうのがジェニファー・ラヴ・ ヒューイットの持ち味。 強い女と可愛い女の両方を兼ね備える女性像が、アメリカで 大人気の理由の様だ。特に女性からの指示が多いのも特徴で 本人はアルバム4枚もリリースしている歌手でもある。 物語自体は、他愛もない”働く女”の日常を描いているだけ なのだが、そのエネルギッシュな姿に元気づけられる。 この映画は、現代日本の”右ヘ倣い式没個性”の風潮には 格好の刺激剤となるのではと思う。 生き方が間違っていたと気付いたら”リセット”する勇気は 人生の指針として大いに役に立つ。特に、愛される人間になる には必要で、反省する事が”可愛らしさ”に繋がる好例だ。 共演では、「DOA/デッド・オア・アライブ」でアヤネ役を 演じていたナターシャ・マルテの笑顔も素敵だ。 明るく楽しいジェニファーが堪能できる軽いタッチのコメディ ながら、意外にも真面目なテーマを扱っていて、爽やかな後味 の作品である。

閲覧数499