2007年8月10日公開

オーシャンズ13

OCEAN'S THIRTEEN

1222007年8月10日公開
オーシャンズ13
3.4

/ 2,012

15%
31%
39%
11%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(708件)


  • 黒子

    1.0

    何この茶番劇

    ほぼ解説がない故に話ができすぎているようにしか感じず、何の面白みもなく最後まで話が進んで終わりです。

  • aal********

    3.0

    ネタバレ面白みに欠ける

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kc9********

    4.0

    2時間があっという間に過ぎていく

    本筋にいくつものサイドストーリーが絡み合うのだが、複雑に感じない。最後はうまく1つにまとまる。最後はみんなハッピー。すごく見やすく感じた。 テンポの良い音楽と相まって物語もテンポ良く進んでいく。 そして何といっても、ジョージクルーニー筆頭のみんな格好いい。

  • tat********

    4.0

    スマートに事を運ぶスピード感がGood!

    騙された仲間のために、オーシャンズが一肌脱ぐ。相手はカジノオープンを控えた富豪。このカジノで仕返しだ。 本作も手の込んだ仕込みの上作戦実行!ハイテクを駆使し巧妙に騙す。ココが見どころ。 スカッと爽快感アリ! ーー 2021/07/16 7

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    ゴッドファーザーIIIの借りを

    パチーノにガルシアが返した、と感じた方は年齢がばれます。

  • ko_********

    3.0

    お約束で楽しめる

    いつものメンバーに宿敵ベネディクトも仲間に入り、ラスベガスでの敵討ち。 相変わらず、ポップでお洒落な雰囲気で、若干細かい点は分からなかった点はあるが、それでも全編にわたって楽しめた。

  • KP

    2.0

    もういいかな

    もう続編はいらないって思うし、余計だった感があって評価をさげました。

  • twi********

    4.0

    何回観ても面白い

    登場人物が多くて一度では理解できません オーシャンズ12は少し地味だったが この13は11と同じく大掛かりで見ごたえがあります 5ダイヤモンドの極秘審査員には1100万でと さらっと会話があるが ラストにちゃんと回収される 魅力あるたくさんのキャストが 伏線を丁寧に都合良くオシャレにさらっと回収 あるいは回収されていく 何度観ても爽快で魅力がある オーシャンズ8の後 9そして10と続き オーシャンズ11~13の誰かが登場するのを希望する

  • しおびしきゅう

    4.0

    グレコ、ローマン?!

    BS日テレ『日曜ロードSHOW!』で鑑賞! 2021年1月24日(日)放送分を録画で! 今年オイラが観た38本目の映画! 観たことないと思ってたけど、観たことあった! シリーズは、 『オーシャンズ11』(2001)! 『オーシャンズ12』(2004)! 『オーシャンズ13』(2007)! 『オーシャンズ8』(2018)! 一応全部観てるけど、登場人物が多過ぎて、いまいち消化しきれないんだなあ! オーシャン一味は、 ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)!リーダーの詐欺師! ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)!サブ・リーダー! ライナス・コールドウェル(マット・デイモン)!スリ! フランク・キャットン(バーニー・マック)!イカサマディーラー! バシャー・ター(ドン・チードル)!爆発物専門家! バージル・モロイ(ケイシー・アフレック)!機械操作が得意! ターク・モロイ(ストック・カーン)!ドライバー! イエン(シャオボー・チン)!軽業師! リヴィングストン・デル(エディ・ジェイミソン)!電気・通信の専門家! ソール・ブルーム(カール・ライナー)!詐欺師! ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)!資産家でスポンサー! ああ、こうやって書き出してみると、わかり易いね! 観る前にやっときゃよかった! この11人は、『オーシャンズ11』から変わらない! てか、そうだ、『11』では、仲間を集める過程があって、それが11人の紹介になってたんだけど、『12』や『13』ではそれがないから、覚えてないとつまんなかったんだよね! ローマン・ネーゲル(エディー・イザード)!コンピューターの専門家! テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)!カジノのオーナー! 今回は、この2人を加えて、13か?! テリーは、『11』ではオーシャン達のターゲットとなり、痛い目に遭い、『12』では、その復讐を果たした! 『13』では、ルーベンの代わりに資金を提供する! フランソワ・トゥルアー(ヴァンサン・カッセル)!怪盗ナイト・フォックス! 『12』から登場している、世界一の大泥棒! オーシャンをライバル視しているが、『12』ではニセモノをつかまされ、本作では……! ロバート(ボブ・アインシュタイン)!FBI捜査官! 伝説の泥棒、ボビー・コールドウェルで、ライナスの父親! そして、 ウィリー・バンク(アル・パチーノ)!ホテル王! ラスベガスにホテルを建てるにあたり、ルーベンと共同経営を持ちかけて利用するが、裏切って、ルーベンの全てを奪い取る! ルーベンはショックで心筋梗塞を起こし、死にかける! 今回は、それに対する復讐で、オーシャン達がバンクをぎゃふんと言わせる! ああ、これでもう一度観たら、大いに楽しめそうだ! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • izq********

    3.0

    ネタバレわかりやすくて痛快

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kak********

    2.0

    ジョージ・クルーニー一家の強い絆が見所?

    元をたどれば1960年にフランク・シナトラ主演で製作された「オーシャンと十一人の仲間」をリメイクしたものだが、興行的成功を収めシリーズ化され2001年に「オーシャンズ11」、2005年に「オーシャンズ12」そして2007年に本作が第3作目として最後を飾ることになった。 物語は、裏家業から足を洗っていたリーダーが、仲間の為に一肌脱ぐという展開で、オーシャン一家が集合する事になる。この固い絆と”仲間”という響きの前には理屈は無用で、古い話で恐縮だが日本なら”清水次郎長一家”が思い浮かぶ。また”新選組”も幕末に”誠”を貫いた集団という意味で仲間と言えるかもしれない。 主演のジョージ・クルーニーを始め、中心的出演者は同じである。中ではブラッド・ピットとマット・ディモンの出番が多く、映画を抜きにしても固い絆が感じられる。それは素晴らしいことだし、この三人も好きな俳優には違いないのだが、このシリーズの評価は低くせざるを得ないのが残念である。 オリジナルはコメディタッチのギャング映画で、本シリーズもそれを蹈襲しているのは間違いない。そして不可能な犯罪をいとも簡単に手際よく実行し、スタイリッシュに描こうと努力している点も理解できる。でも、面白く感じないのはなぜか?それは、テンポが一定でないのと、演技に身が入っていないからだ。 先ず、敵役に登場するアル・パチーノは成功者にしては間が抜けているし、コミカルな演技に徹している訳でもなく中途半端さのみが残ってしまう。ドン・チールドやエリオット・グールドなどの名優達も、主役の引き立て役でしかなく、らしさが全く感じられない。 それでは、何が欠けているかと言えば、説明が難しいし長くなるので、アメリカ映画なら「スティング」、ヨーロッパの映画なら「黄金の七人 1+6 エロチカ大作戦」に見られるセンスとユーモアが感じられないからと言うことにして置きたい。 このシリーズは第3作で終了となったが、それは共演者の一人であるバーニー・マックの早すぎる死が原因らしい。50歳という若さで肺炎の倒れたのは惜しまれるが、シリーズ3作全てを手掛けたスティーブン・ソダーバーグ監督が仲間が欠けては続編は作れないと強い意思を示したからだと伝えられている。 しかし、このシリーズから派生する続編として、2018年に「オーシャンズ8」が製作されている。こちらはサンドラ・ブロック主演で”女性版”オーシャンズ誕生となるらしい。サンドラ・ブロックも好きな俳優なので、大いに期待したい反面、大スターを揃えすぎて失敗しないかと不安もよぎるのだが・・・

  • shoko

    4.0

    ネタバレおなじみのメンバーの最後を飾る作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wee********

    4.0

    前作よりかは良い

    先週鑑賞しました。 今のところ、このメンバーでは最後の作品ですね。まぁ、前作がかなりコメディタッチで分かりにくい所が多かったですが、今作は非常にストーリーも分かりやすく、最後もスカッとします。 ただ、微妙に前作も見ないと分からない部分もあるので、シリーズは通して見ることをお勧めします。 いや~でもこれだけスーパースターが集まる映画もあまりないので、また作ってほしいです。

  • cby********

    4.0

    戻った

    2のクソみたいな展開から一転。何重もの罠を張り巡らして詐欺師オーナーを陥れる。所々コミカルすぎる所もあるけどアルパチーノとの共闘やナイトフォックスがドジ踏むのもまぁOK。とばっちり食ってた品評家の人も最後ラスティの粋な計らいで救われた。

  • yuw********

    2.0

    なんかもったいない

    なんのせいなのか分からない。何かがもったいないという気がする。 人物同士のやり取り、各人物の登場シーンや見せ場などなど、「おもしろい」と感じるシチュエーションはけっこうあるのに、何か見せ方がいまいち・・・というか。 テレビで字幕で見たんだけど、訳が変なのかな。 あ、吹替でも、十数年前に見た時はおもしろかったのに、吹替直したらしいほうはなんかいまいち・・・ってことがあった。他の映画だけど。 つまり、セリフのやり取りがなんとなくつまらなかったところが多かった気がする。 けど、それだけでなくて「11」、「12」(途中寝て見てないが)、「13」通して、各人物の見せ方がいまいちと感じる。こんなに3作も通して同じキャラを使うなら、もっと短いシーンで印象付けるような出番を工夫してもいいのに・・・と残念に思う。 ここが「オーシャンズ8」のほうがおもしろかった。人間の使い方、見せ方が、うまいと思う。 ところで、アル・パチーノの声が細くて軽くて驚いた。そういえば「ゴット・ファーザー」とかいつも吹替だったっけ。地声はこうなのかな。それとも敵役ってことで役作りして声も変えてるとかなのかな。 あとラストはなんとなくスッキリしなかったような。 今回は人類愛的なニュアンスを入れてるようだけど、そうなると敵役をやり込めて終わりだと物足りない。「すまなかった」と詫び入れるところまでやってほしいような。 あ、メキシコのあれは笑った。「何をやってんだろう、この人」と見てたら、あんなことになって、連れ戻しに行った人もあんなことになって。あれ、おかしかった。あそこは良かったな。 あとマット・デイモンがいまいちだな、このシリーズ。と思う。 やる気だけはある青年というキャラだけど。なんとなく。 周りにうまくいじって転がす人がいないのかな。 こういうキャラってツッコミ入れられておもしろくなると思うんだけど。

  • b_o********

    3.0

    まあまあ

    まあまあおもしろいかな。12よりはよかった。

  • san********

    4.0

    原点回帰

    最初の方がよかった? いやいや、これも12があっての13だからいいのだ。

  • fic********

    4.0

    オーシャンズ12の中だるみは何だったの?

    3作目は、スタイリッシュな泥棒映画に戻りましたね。 泥棒映画と言うより、コンゲーム、コンフィデェンスマン映画っぽかった。 騙されて倒れた仲間の為に、みんなで復讐、騙されたお金や土地を取り戻すと同時に、プラスアルファーをもらっちゃう、なんてスタイリッシュな映画。 コンゲームっぽかったのも含め、三作の中では1番良かったと思いました。 資金が足りないってなったときに、ベネディクトに頼めばいいと思っていたら、 やはりベネディクトに頼むあたり、脚本の甘さは相変わらず(苦笑) 娯楽映画と考えれば、十分面白かった。これが1作目からやれたらもっと良かった(苦笑)

  • gjw********

    3.0

    観た後の後味が

    良い作品という印象。 誰も死なず、嫌な思いをした人にはご褒美があり、 全体を包む雰囲気がスタイリッシュだ。 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン あたりは 場面ごとに服が違う感じw どんだけ衣装持ちなんだw

  • ソロビッチ

    3.0

    板についてる 68点

    チャプター34   201分 「地震が起きることにかけるより下で金でもかけろ」 「ギャンブルはやりません。あなたも人の命をかけない方がいい」 「あの双子は週3ドル50セントのためにストやってんのか」 「5%アップだぞ」 1より2より面白かったんだが俺だけ?よく1は越えられないとか言うけどさ、自分的には一流俳優が自己満足で作成してる映画な認識なので、一番板についてきたという認識。 ラストの別れのセリフは打ち止めの予感ありありだったのでもう終わりかな? ジュリアロバーツ出てこなくなったし。 ラブシーンはないですが媚薬でメロメロになった女性に迫られて寸前はあります 68点

1 ページ/36 ページ中