ここから本文です

ピアノの森 (2007)

The Perfect World of Kai

監督
小島正幸
  • みたいムービー 345
  • みたログ 799

3.95 / 評価:455件

ピアノの先生のひとりごと

  • あや さん
  • 2008年12月2日 9時28分
  • 閲覧数 393
  • 役立ち度 27
    • 総合評価
    • ★★★★★

エンドロールに上戸彩の名前を見てビックリしました!
へー彼女があの男の子の声をやっていたんだ・・・
ていうか、これ、散々宣伝していたし、予告編も何回も観ていたのに
全く記憶に残っていなかった

でも、良かった
タレント声優の顔がダブらなかったから
映画に集中出来ました、笑



とてもいい作品でした

主演の少年が「モーツアルト」のような「神童」という点では
「奇跡のシンフォニー」と同じですね

私はこっちの方が好きだな
ストーリーは読めたのにラストは泣けました。



誰の為に演奏するかって、それは自分の為
「弾いてて楽しいから、弾いてて嬉しいから」

それを聴いてる人達がどう思うかなんて二の次

でも、無心の演奏は聴衆の心を揺さぶります



日頃のレッスンでは
どうしても、テクニックが重要視されてしまう
テキストに書かれてる「おたまじゃくし」を忠実に再現させる事がどうしても優先されてしまう。

でも、それって「音楽」じゃないですよね

間違ってもいい、グチャグチャでもいい
好きな曲を好きなように弾いてる子供達は実に楽しそう

それを嬉しそうに見ている私・・・

ヤンママ達にどう思われたっていい
子供は子供のあるべき姿で音楽に接しさせてあげたい

そんな事を日頃思っている私にとっては
グットタイミングな作品でした



全くタイプの違う二人の生徒
その二人共が、とても愛すべき子供に思えました。

コンクールで入賞を狙える子は元々素質が有り、辛い練習に耐えられる子
でも大半は違う

皆さんの中でも経験の有る方は多いはず
あんなにやりたかったピアノなのに「バイエル」の後半辺りで急に難しくなり
練習が嫌で、辞めてしまった人
そして、大人になった今、「あの時辞めなければよかったなー」と思っている人

初めてレッスンに来た時
期待とあこれでキラキラと目を輝かせてる子供達
その瞳をもっと輝かせてあげたい

「教則本」なんかに惑わされるな!
「異色」のピアノ教師を目指しています、私・・・

話しがそれてしまいました、スミマセン
感動の「アニメ作品」でした☆

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ