レビュー一覧に戻る
クワイエットルームにようこそ
2007年10月20日公開

クワイエットルームにようこそ

1182007年10月20日公開

deb********

4.0

日本語のお芝居を楽しむ映画

“それでも生きる”という不可思議なるパワーを“死にたがり”の人々を通して逆説的に導き出している力作。 会話のテンポや絶妙のツッコミなど松尾節は全開。 この映画での主役は舞台出身の監督らしく“お芝居”。 クドカンはホームグラウンドでのびのびと演技しているし、 蒼井優は相変わらず職人芸の計画的な芝居をはめ込んでいる。 特筆すべきは大竹しのぶ。 この人は完璧である。振れ幅は計り知れない。 ドラマやCMで見られる良妻感からのこのキ○ガイぶりは一体なんなのだろうか? 大げさな言い方をすると日本人なら観るべき映画。 字幕のフィルターを通さずにダイレクトに脳に飛び込む日本語の気持ちよさを 是非とも味わっていただきたい。

閲覧数545