レビュー一覧に戻る
クワイエットルームにようこそ
2007年10月20日公開

クワイエットルームにようこそ

1182007年10月20日公開

pip********

4.0

ネタバレラストが切ない

前提として自身が何かしらの疾患を抱えているという人にはオススメしない映画。 この作品に限ったことではないですが医療関係者なども突っ込みどころ満載で没入できないかもしれません。 デリケートな題材でのコメディですがどうせ観るなら最後まで観てほしいです。 ~~~ 見るからに頭がおかしい人、そうではないがよく見るとおかしい人(着物女性など)が滑稽で楽しい。 そしてどう見ても正常に見える医者妻ノリコ。 普通の…というか何をとっても平均以上な女性が何度も、というのもリアルで切ない。 病気のこと、価値観が似てるところ、分かり合える仲間・戦友として、それら素敵な良縁に見えても、出会いが『精神病棟』という深い場所である以上、『リアル』で繋がるのは良くないというのが切ない。 退院後にも控えているであろう、当人を取り巻く環境は、例え友人になったとしても変えるための力まではなく。 変えられないから繰り返していて、何もプラスにはならない。 アリジゴク同士がくっついても一つの大きな穴にしかならず、近づいた蟻を引きずり落としちゃうような、そんな感覚。 滑稽で切ない。 なぜかわからないけど定期的に観たくなります。

閲覧数683