2007年5月12日公開

歌謡曲だよ、人生は

PG121302007年5月12日公開
歌謡曲だよ、人生は
2.7

/ 110

8%
20%
25%
27%
19%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

とある地方都市、真一(青木崇高)と沙恵(伴杏里)は恋に落ちるが、ダンサーを目指す沙恵は東京へ出てゆく。その後を追って上京した真一は彼女と再会するものの、沙恵の態度は冷たかった。自暴自棄になりかけていた真一は、偶然の出会いからボクシングを始め練習に励む一方、沙恵も舞台に上がる夢を叶えるが……。(『第1話 僕は泣いちっち』より)

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(56件)

笑える18.8%楽しい17.5%コミカル11.3%ファンタジー9.4%切ない9.4%

  • bat********

    3.0

    昭和の歌謡曲をテーマにした珍オムニバス作

    昭和中期の歌謡曲をモチーフにした珍しいオムニバス映画。 これ、本当に何を観せられてるんだろうなって思ったけど、最後まで観てしまった。 昭和のノスタルジーをテーマにした作品が主流の中、SF、バイオレンス、不条理ギャグ、現代が舞台の青春ドラマなど、作風は監督によって様々だった。 この後に売れた人や消えた人、その時代のキャスティングも印象的でした。

  • shinnshinn

    3.0

    第5話と第9話が好きです。

    2007年劇場公開の、珍しい邦画のオムニバス映画です。すべての短編が昭和歌謡のヒット曲をモチーフにしていて、昭和の人間には面白い企画だと思う。評価は低いようですが、コテコテにベタな作品や、監督の感性がひときわ特異でシュールなものなど、もう少し好意的に見てあげてもいいのでは。ただし、お若い方には、聞いたこともないような曲で、思い入れが発生する余地がないかも・・・。 第5話(女のみち)の公衆浴場のサウナルームで、モンモンの入ったヤクザ(宮史郎)にからまれる青年のお話がクスっと笑える。「私がぁ~捧げた、その人に~。あなただけえよと、すがああって泣いた~」この次の歌詞がどうしてもヤクザには出てこない。これを宮史郎本人がやるので、何だか可笑しい(昭和の人間、限定の笑いなのだが)。青年は歌詞を思い出すまでサウナルームから出してもらえない。バカバカしくて笑えました。 第9話(逢いたくて逢いたくて。歌・園まり)の引っ越したばかりのアパートで、前の住人(ベンガル)の机の引き出しから何通もの恋文が出て来るお話が、構成力(お話の引き込み方)、演出、カメラ、曲の使い方、キャスティングなど、極めて優れていると感じました(やっぱり、矢口史靖(しのぶ)監督でした)。 第10話(みんな夢の中)のみんな、すっかり中年になってしまった小学校の同級生の、ノスタルジックな回想シーンもなかなかに味があります。 オムニバス映画はどうしても、各短編を比べるので、自分なりに優劣をつけてしまう。なので、すべてのお話が満点という訳にはいかないのですが、一話や二話は印象に残るお話もあるので、全滅という訳でもないところがいいのかも・・・。本当は、噺家の名人会のようなオムニバス映画になれは理想なのだろうけれど・・・。本作が第8話(乙女のワルツ)と第10話(みんな夢の中)に出演されている鈴木ヒロミツさんの遺作になりました。

  • kun********

    3.0

    昭和が段々遠くなる

    ピカピカの平成も30年で過ぎ去る年だし、一時代が挟まれてしまいますね。 平成の赤ちゃんも中年になる、昭和の人が次々あの世に行く筈です。 私は幸い、生活苦で止む無く道路整理員なんてしなくて良かった。 真っ黒になりしわくちゃで足も不安げで、この寒さの中トラック排ガスを吸って まさかこんな事に成るとは思いもしなかったでしょうね。 そのまさかと思ってた時代の懐かしい流行歌とその時代にまつわる話。 15分10話、今思い出してます、この記憶再現がボケ防止にいいらしい。 全話完璧に思い出せるのなら天才的ですよね・・・ 最初と最後はその点良い位置にあり直ぐに出ますが、中途の奴は殆ど霧の中で 見えそうで見えない。 全話光ってるとは言い難いのでこれを書いた後完全に消去される映画ですね。 その中一番お気に入りは妻夫木聡が恋の後押しに必死になる話。 人助けはやはり胸をうつ。 去年の尾畑さんは人助けのヒーローだからだれでも暖かい気持ちになれたしょう?

  • NUG

    4.0

    いいよこれ

    こうやって短編劇を見ながら聞くと昭和歌謡曲もいいなって思う。

  • hds********

    3.0

    んー

    昭和歌謡好きとしてはかなり物足りなかったかな。一話目が一番よかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
歌謡曲だよ、人生は

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル