2007年7月14日公開

イタリア的、恋愛マニュアル

MANUALE D'AMORE

1182007年7月14日公開
イタリア的、恋愛マニュアル
4.0

/ 89

25%
47%
27%
1%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(63件)


  • mar********

    5.0

    クリスマスが近づくと観たくなる

    一目ぼれされる女の子がとてつもなくかわいい。 浮気された婦警さんの暴れっぷりが爽快! 奥さんが出て行ってしまった男のエピソードが 全ておもしろい。 特に海で寝て女の子と出会う展開が、本当に良かった。 飽きずに最後まで観れる良作だと思います。 男が元奥さんの実家を訪ねたときに、 応対してくれた義母役の方の名前お分かりになる方 教えてください・・・ 高齢ですが、とても美しく輝いておられました。

  • とみいじょん

    4.0

    恋愛に悩む人に。

    ロマンチックな展開ではないけれど、ロマンチックな映画。 恋をして結婚すれば直面する様々な出来事を、かるいパンチとコミカルなエピソードで描き出しています。登場人物にとっては、きわめて深刻な問題で、真剣そのものの表情で物語は進んでいくのに、何故か笑いがこみあげてくる。そして、同じようなことをやって考えている自分をそこにみて苦笑い。 結局、めでたし?で終わるのも心地いい映画。 結婚は墓場だという格言もあるけれど…恋がしたくなります。

  • プリン

    4.0

    ネタバレ恋の始まりと過去になった恋

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bad********

    5.0

    ネタバレ何てオシャレなの!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aka********

    4.0

    ネタバレ愛と倦怠と浮気と別離、、、、のオムニバス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ろここ

    4.0

    臆病な恋なんて恋じゃない

    恋をすると♡♡♡ 鼓動は激しく高鳴り、あまりの息苦しさに、どうにかなりそうなくらいに胸を焦がす。 些細な出来事が、いちいちズキンと響いて、やってられないくらいにハートが過剰反応する。 それは、キラキラ輝くトキメキだったり。切なくきざむ心の傷だったり。 ときに弱気な自分に嫌気をさしつつ、もう恋なんてこりごりだ~と後ずさりしながら、 それでも、なんとか頑張って前に一歩踏み出す勇気をふりしぼろうとする。 すべてが楽しいことばかりじゃなくて、心の痛みを伴うと分かっていても恋におちる。 だけど、傷つけることも、傷つけられることも、恐れていてはなんにもできない。 恋をするって、そういうこと。それが等身大の恋なんだよね♡ 少し前に観てレビューした『パリ、ジュテーム』が、パリ的恋愛マニュアルだとすれば、 私は、このイタリア的恋愛マニュアルのほうが好き♪ 芸術の街。パリの街角で綴られた愛は、 どれもが、どこかしらロマンチックで一枚の絵から語られるようなイメージ。 その点こっちは、あまりかっこよくはないけれど、リアルに日常的な愛が描かれている。 情熱的で、ちょっと泥臭いラテン系の愛。 かっこよくないことが、かっこいいんだ。泣いたり、笑ったり、みっともなくてもいいじゃない。 生身の恋をしてるんだから、そんなことあたりまえ。 忘れてたよなあ・・・それって、いちばん大切だってこと。 苦い薬をオブラートに包んで飲むよりも、ダイレクトに飲んで苦さを感じる潔さみたいな(笑) 「あのとき、こうしていれば何かがちがっていたのかしら・・・」 なんて、後からグジグジ考えメソメソするよりは、思いっきり当たって砕けたほうがいい。 ひとりよがりに、美しい想い出に変えようとするなんてことは、もってのほかだよね。 だって、燃え上がった恋の炎は一人じゃ消せないでしょう。 そう、恋は一人でするものじゃないからね。ちゃんと答えをみつけなきゃ。 怖がってたって、ビクビクしてたっていいことなんかないよ~心がムダにすり減るだけ。 もしも悲しい答えに行きついたとしても、やるだけやった恋はハートの勲章♡ ひとりぼっちの夜。誰かを想い空を見上げてため息をつく。。。 何気ないひとときに想う相手がいる。これって、とっても大切なんじゃないかなあ。 映画に登場するCD解説つきの《恋愛マニュアル》この架空のCDブックが主人公!? 語られる言葉が、とってもいいんですよ~♪ホントにあったら絶対に買ってるな(笑)  そこから4組のカップルの恋愛が、さりげなくつながっていくオムニバスストーリー。 恋愛に必要な甘くてほろ苦いレシピが、ところどころにギュっと詰まってる。 自分の答えをみつけようと、みんなが恋に悪戦苦闘する姿がキュンといじらしい。 ♥ほんの少しの勇気。チャンスは逃がさないぞと思える心意気。          きっかけは自分で作るもの。強気の思い込みもときには恋の味方♪ ♥分かりあっているようで、すれちがってばかりいる想い。          寂しさを埋めようとしても埋められない・・心に吹くすきま風。 ♥爆発しそうな感情。あっちこっちに当り散らして発散させちゃえ~          これも可愛い女心の裏返し?素直になれるほど若くはないのよっ! ♥愛を失いたくないジレンマ。何がいけなかったのかと躍起になる。          けれども距離は縮まらない。失って残るものはあるのだろうか・・・     ♡♡♡それでも恋はやめられな~い~♪アモーレ~~♪♪♡♡♡ 誰もが恋に一生懸命で、なりふりかまわないから素敵。それがイタリア的恋愛。 楽しいことも、苦しいことも、切ない想いも、ぜ~んぶひっくるめて恋をしてるってこと。 恋する相手にふりまわされ、自分の感情にふりまわされ、これもまた恋の醍醐味。 臆病な恋なんて恋じゃない。 後先なんて考えない。心のままに、完全燃焼するのが恋なんだよお~!! 想う心を偽らない。やせ我慢はしない。好きなものは好き。それでいいじゃない♪ ほかに何がいるのかなあ?なんにもいらないよ。恋するハートだけ持ってれば♡ 恋は頭でするものじゃなくハートでするものだから、いつでも自分に正直でありたい。 どんな想いでもガッツリ受け止めるから、ど~んと恋[来い]!!(笑)                                        ♡♡(๑→ܫ←人→ܫ←๑)♡♡

  • いやよセブン

    3.0

    いろんな世代の恋愛模様4題

    4つの短編からできているが、微妙に関連しており、最初に現われたキャラが最後に後味をよくするために出てくる。 一話目は若者が好きな女性に猛烈なアタックを、二話目は倦怠期の夫婦がでもやっぱり、という話、三話目が一番可笑しいが、婦人警官の妻に浮気がばれ、職権濫用の嵐たなる。 ラストの四話目は妻に出て行かれた夫の再生だが、ここまでくるとちょっと鼻につく。 30分ドラマなので4回に分けてみた方がよかったかも。

  • cyn********

    5.0

    ネタバレヨーロッパの恋愛短編映画は素敵で面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tom********

    4.0

    温かい気持ちになりました。

    4つの恋愛話がオムニバス形式で展開。それぞれの関連性はないので、本当にショートストーリーが4つという感じ。 個人的には1番目の話が一番良かった。というか、この話だけをもっと深く掘り下げて欲しかったですな。幸せそうな二人を見てホッコリ温かい気持ちになりました。

  • luc********

    4.0

    恋、したくなる!?

    イタリアの海辺の町を舞台にした、リレー式オムニバス映画。 世代の違う、4組のカップルのそれぞれの思いや悩みをコミカルなタッチで表現していて、クスッと笑える作品。 いくつになっても、お国が違っても、恋をすれば不器用になってしまうのかな~。

  • gac********

    5.0

    男と女のフルコース

    4組のカップルの悲喜こもごもを描いたオムニバス。 『巡り会って』 底抜けにゴーイングマイウェイな男の一目惚れの恋の行方。 ↓ 『すれ違って』 蜜月の時を過ぎ価値観の違いに日々苛まれ、もがき苦しむ夫婦の顛末。 ↓ 『よそ見して』 順風満帆かに見えた夫婦関係に、ある日突然忍び寄る亀裂。 ↓ 『棄てられて』 訳もわからず妻に棄てられた男の悪あがき。 これはとっても面白い。 でも「マニュアル」という表現は当てはまらないかなあ。個人的には「ポートレート」といった風情に見えた。つまりは、単純にどうすれば恋愛をうまく送れるかがテーマなんではなく、恋人同士や夫婦といった男女関係の一側面を描いているんである。 面白いのは、4つの物語がリレー形式で展開する点。ひとつの物語の終わり際に脇役で登場した人物が、主観を引き継いで次の物語の主人公になるのだ。 こういう繋ぎ方だと、うまく前の余韻が残って“カップルの肖像”が連綿と引き継がれるわけ。だから、スポットが当たるのは全く別の人間だけれど、男女関係の始まりから終わりまでの一連の変遷というフルコースをふるまわれているかのような作りになっている。巧みな構成だと思う。 しかも『棄てられて』まで一巡りしたら、最後また『巡り会い』に繋がって終わるのがとても洒落てる。そしてまた輪廻が一巡りするんだろう。それでも。 傷ついても傷ついても、性懲りも無くまた恋に落ちるのよ。 そういう姿をコミカルに可愛らしく描いていて、監督や脚本家の“人肌を求めて止まない人間の性懲り無さ”に対する愛情をひしひしと感じさせられる。 内容的には、お国柄なのか映画だからなのかちょっと大仰な雰囲気も感じなくも無いが、身に覚えのあるエピソードや言葉の一つや二つは皆あるはず。過去・現在にパートナーと呼べる相手のいた・いる人なら楽しめると思う。ただ、未だ得ぬ恋や愛を手に入れるために「恋愛マニュアル」を欲しているような人が見ても、面白さはさっぱりわからんでしょうね。逆に絶望的な気分になるかも(笑) でも、この映画には確実に恋や愛の面白さが詰まってることは間違いない。お薦め。

  • tha********

    5.0

    恋愛の教訓になる面白いイタリアの恋愛映画

    私は、イタリアの恋愛映画に、イタリアという国が大好きで、1度イタリアへ旅行してから、イタリアという国にはまってしまいました。 この作品、『イタリア的、恋愛マニュアル』というタイトルで、イタリアンな恋愛映画を観れると思い、さっそく、観ました。 観てみると、これは面白い!甘く切ない男女の恋愛シーンもありますが、クスッと笑えるシーンが結構多くあり、観ていて、飽きが来ない愉快痛快な面白い恋愛映画でした。若い男女の恋愛から中年の男女の恋愛まで観れて、老若男女観れる恋愛映画で、特に中年夫婦の人たちにおすすめな作品です。 この作品は、4冊の「イタリア的、恋愛マニュアル」という本(映画に出てくる本で、実際には、ありません)に沿って、4つの男女の恋愛が描かれています。 この4つの恋愛物語、それぞれ、いろんな恋愛模様が描かれていて、面白くて、恋愛していく中で参考になるなぁと思いながら観ていましたが、私は、1番最初の若い男女の恋愛物語が好きです。でも、どれもが、すごくいいお話でした。 1つ目は、無職の男性がバイクで走っている最中、急に前のバイクに乗っている女性が止まり、男性も一緒になって後ろで止まり、止まった先の家の女性(そのバイクの女性の友達)に一目惚れ。その女性と付き合い、恋人同士の関係になりたいがために、毎日、会って、女性にアタックする・・・・という物語で、なかなか女性が恋人という関係にYESと言わず、恋人同士になれるまでの男性の行動が、結構面白く、この女性と幸せな関係になれるといいなぁ~と思いながら観ました。 それから、2つ目と3つ目は、中年夫婦の別れそうになってしまう危機的状況が描かれていて、この2つの話が、面白いんです。特に3つ目が、非常に面白い。2つ目は、妻のことよりも自分のしたいことばかり考え、妻の言うことを聞かない男性の話。3つ目が、夫の浮気現場を見てしまった婦人警官の女性の話。この3つ目の婦人警官の女性が、夫に向かって喧嘩するシーンが迫力あって、キャラ的に面白いんです。 あと最後の話が、妻が家出をし、妻に棄てられてしまった男性のかわいそうな話。かわいそうな感じがしますが、面白いシーンもあり、笑いました。こんな悲劇な男性でも、ラストは幸せな感じで、「新たに再出発するぞー!今からでも恋をするのも遅くはない!」という男性の思いが感じられました。 この作品4つそれぞれを観終わってから感じたのは、人を愛し、恋をすることっていいものだなぁ~って思い、恋愛のみならず、何事にでも、諦めず、頑張って挑戦すれば、きっと、いいことがあり、幸せになれるって思った作品でした。 余談ですが、この『イタリア的、恋愛マニュアル』の2作目、2008年に公開するらしく、私は、今回の作品が、面白くて、よかったので、2作目もどんな恋愛模様が観れるのか、楽しみです♪

  • stj********

    4.0

    それでも恋がしたくなる!

    何組かのカップルの話なんだけど、 それそれがどこかで繋がってて、全体としても、 楽しめた映画でした。 うまく行く恋愛、行かない恋愛。 いろいろあるけど、それでも恋に堕ちてしまうのが イタリア的ってことなんでしょうか? でもこの映画を観ると、恋するっていいなーって 恋したいって思う。 特に一組目のカップルの話なんて、すごい単純なんだけど それがよかった。 でもやっぱり恋は成就してほしいですけどね。

  • mam********

    3.0

    4つの恋愛。

    ただ4組が恋に落ちるんじゃなくて何らかの障害を乗り越えるような愛! しかも4組ぜーんぶ繋がるんです、予想外な出会いで。 これにはビックリしました。 実際のイタリア人がどのように恋愛するか分かんないですが、日本人はやっぱり奥手なのかなって思いました。 映画は面白いんですが たまに飽きちゃったりもしました… ダラダラしてるだけじゃんって感じるシーンがいくつかあったので。 だから総合評価は3で。

  • ame********

    5.0

    ネタバレおばさん警官最強

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lif********

    4.0

    イタリアらしいとっても面白い映画です★

    まず男性の方は、初めの物語の女性に恋するかと思います。 とても美しい女性で、その人を見るだけでも価値はあります★ 何人かの男女の恋物語で、とても見やすく、感動するところ、納得するところ 自分に問いかけてくるようです。 イタリアの綺麗な街並、見ていると穏やかな気持ちになります。 恋愛につまずいたとき、恋愛をしたときに、また見たくなる映画だと思いました。

  • ala********

    5.0

    のほほん作品

    全体としていいまとまりでした。 特に話と話の切り替えが面白かった。 そして その人物達はストーリーの中でなんらかの “繋がり”を持っている。 その繋がりとはズバリ『悩める恋』だ。 それぞれの物語でのもどかしい心の声が印象的でした。 ラストの終わり方も いい感じにまとめてた。 観終えたあとは 心が和む~ いつの時代でも男女って難しいですねー それはもう絶対的ですよね 笑 でも 男と女という性があるからこそ 人生いろいろあって楽しいのかも★ そんなことを気付かせてくれる一作かも~

  • tsu********

    4.0

    スマートで軽いノリはイタリアだ

    出だしのストーカ的なイタリア男の話は、ちょっと苛ついたが、それからあとはどんどん引き込まれた。 終わってみれば、いくつものストーリーと登場人物がうまく絡み合っていて、なかなかスマートな映画だと、納得の出来でした。 好いた惚れたで大騒ぎが、イタリア人のイメージにぴったりでした。

  • kot********

    5.0

    ニッコリしました

    「踊れトスカーナ」も笑わせていただきましたが、こちらも楽しかったです。 今回は悲しみあり、笑いありのちょっとまじめな雰囲気 それが、嘘っぽさを減らす良いアクセントなのかなとも思いました。 全体的には、陽気で明るい人間模様で見た後の満足感は大きかったです。

  • nat********

    4.0

    イタリア的恋愛を堪能あれ

    恋している人はもちろん、”愛だの恋だのおまえらそればっかりか!”なんてぶつくさ言っている人にもオススメです。 イタリアを舞台に繰り広げられる4組の世代の違うカップルの恋愛事情。 1話目は若い男女の出会いについての話 明るく軟派なイメージのイタリア男だからこそ違和感のない猛アターック!! (残念ながら日本男児が同じ事をしたら、即通報されるであろう) そして恋に落ちた男と一緒に住むルームメイトのぼやきには激しく共感。 恋に落ちた人間は信じられないほど前向きで、自分から一方的に相談しておきながらこちらの意見にはまったく耳を貸さない...なんてまさにその通りですよね。 2話目3話目は夫婦の話 それぞれ二組の違った局面を迎える夫婦恋愛?が楽しめます。 興味深いのがイタリアの浮気率、男性が85%女性が60%であること。 この様な恋愛データがちょこちょこでてきます(ここらへんが恋愛マニュアル) そして4話目の捨てられた男の話。 この話が一番ツボで腹がよじれるほど笑ってしまいました。 それぞれの登場人物がどこかしらでつながっていて[ほほ~ぅ、そうくるか]とか[ははーん、なるほど]なんてニヤリとするシーンも... エンドロールのころにはあたたかな気持ちで恋愛にも前向きになっていること間違えありません!! ベタなアメリカ的恋愛ではなく難解なフランス的恋愛でもない、イタリア的恋愛事情を堪能してはいかがでしょう♪

1 ページ/4 ページ中