2007年11月23日公開

ナンバー23

THE NUMBER 23

992007年11月23日公開
ナンバー23
2.7

/ 408

5%
16%
38%
31%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

動物管理局に勤めるウォルター(ジム・キャリー)は、自分の誕生日に1匹の犬の捕獲に手こずり腕をかまれてしまう。同じ日に、妻(ヴァージニア・マドセン)から“ナンバー23”という本をプレゼントされ、読み進むうちにウォルターは23という数字に取りつかれ始め……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(274件)

不気味25.8%不思議15.4%恐怖14.7%知的8.0%パニック7.4%

  • hik********

    2.0

    貴重なサイコなジム・キャリー。

    せっかくジム・キャリーがコメディを封印し、シリアスな演技を見せたサスペンス・スリラーなのにゴールデン・ラズベリー賞の候補になってしまった残念な映画。 「ケーブル・ガイ」を彷彿とさせられてよかったと思ったのですが… それでも、貴重な姿のジム・キャリーが見られることには変わりありません。日本語吹き替えも山寺宏一氏なので、二重の意味で貴重です。 個人的には意外と楽しめました。 R指定なので、暴力シーンはキツめです。

  • ynb********

    3.0

    いつかは23

    奥さんも言っていたが23という数字に、こじつけすぎ。 足して、割って、引いて、反対にして・・ 一歩間違えば家族離散だが、妻の命懸けの愛に救われていた。 妻役のヴァージニア・マドセンが熊切あさ美さんに少し似ているかな。

  • qqj********

    4.0

    評価低いが2度見たら更に

    大好きなジム・キャリー。 コメディアンとして俳優として尊敬しています。この映画を見た当時はマスク、エースベンチュラ、Mr.ダマー、ケーブルガイなど個性のある癖のある笑いで虜になりました。 本作やエターナルサンシャインでシリアス路線、マンオンザムーンで実在のコメディアンのアンディカウフマンを憑依させての演技などで初期の演技ではなくジム・キャリーとゆう生物の映画ではなく本格的な役者としての方向に少しジム・キャリー離れしてました。 時がたち、エターナルサンシャインとマンオンザムーンを見返してコメディ以外のジム・キャリーの「演技」を素晴らしいと感じ今では2作ともお気に入りで、本作も改めて見ましたがジム・キャリーの作品中もっともシリアスで渋い演技でしたし、映像と雰囲気も好みでした。 軽い気持ちで見てたのでラストの真実にちょっと追いつけない自分でしたが、分かった上でもう一度見ると正に噛めば噛むほどな素晴らしい作品だと思います。 ホラーの部類のようですが、オカルト、心霊、モンスターなどを想定せず心理スリラーとしての鑑賞をおすすめします。

  • kak********

    3.0

    「ザ・ナンバー・23」という古本の謎とは?

    2001年9月11日の同時多発テロの日付を足すと、 2+0+0+1+9+11=23 になる。タイタニック号の沈没は1912年4月15日で、これも足すと1+9+1+2+4+1+5=23になる。他にもいろいろ出てくるが、全て23という数字が関係してくる。その意味は何か? 主演は、「マスク」で主役を務めたジム・キャリー。明るいコメディアンのイメージとは真逆の演技が見所。相手役は「デューン/砂の惑星」でイルーラ姫を演じたヴァージニア・マドセン。他では、TVドラマ「スーパーナチュラル」のルシファー役で知られるマーク・ペルグリノの顔も見られる。 「23」という数字にこだわると、全てが関連しているように思えてくる。その謎一点に的を絞った映画で、心理的サスペンス色に包まれている。監督は、ジョン・グリシャムの同名小説を映画化した「依頼人」を手掛けたジョエル・シュマッカー。 2007年2月23日にアメリカ公開、2007年11月23日に日本公開は偶然ではなく宣伝効果を狙ったもの? ちなみに本レビューは2021年1月6日に書いて2051番目だから2+0+2+1+1+6+2+0+5+1=20となり23とは関係ない。と思ったが☆3個の評価だから20+3=23になる。(謎)

  • mr_********

    2.0

    結局、記憶喪失がすべて。

    「ナンバー23」という本を手にしたばかりに、23番に翻弄され、その結果忘れていた過去の記憶を思い出してしまった男の悲劇。 オープニングタイトルで23は、如何にいろいろな事象に絡んでいるかが明かされる。 たとえばラテン語は23文字だとか、ヒトラーの自殺は23日だったとか、米元大統領のルーズベルト、ブッシュ、クリントンのフルネームは23文字だったとか、タイタニックの沈没事故は1912年4月15日で数字を足すと23になるとか・・・。 そんなこと言われても説得力が無いよね。 それがどうした、って感じ。 じゃ、他の大統領はどうなんだ? ヒンデンブルク号の爆発事故の年月日は23とは程遠いし・・・。 無理矢理23に関連付ける主人公が痛々しい。 本の中の探偵物語は、結局関係なかった。 しかも、23は映画の中で、だんだん存在感が無くなっていくし・・・w ラストは確かに想定外だったけど、脚本がメチャクチャなので、既にどうでも良い感じ。 ジム・キャリーは熱演だったけど、けっこう関係ないセックスシーンが多くて、ジムの趣味か?と思った(笑) 監督はジョエル・シューマッカーで、功成り名遂げた名監督だが、「ナンバー23」の後はニコラス・ケイジ主演の「ブレイクアウト」(2011)が長編最後の映画になっている。 他にテレビの仕事を少々。 ほぼ引退状態なのかな?

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ナンバー23

原題
THE NUMBER 23

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日