レビュー一覧に戻る
黒い春

aki********

2.0

五月病

五月になると黒い粉を口から吹いて死亡する謎の病気。 その正体や原因を追究していく医療サスペンスが、次第にお涙頂戴のホームドラマになっていくトホホ感がたまりません。 最後まで見ると大森一樹得意の群像劇になっていたな、という感じは残ります。 病院の描写が妙にうまいのも相変わらずでした。

閲覧数1,474