レビュー一覧に戻る
恋するマドリ
2007年8月18日公開

恋するマドリ

1132007年8月18日公開

sem********

2.0

ネタバレ他人の恋愛を必死で応援する映画

期待はずれでした。新垣結衣が恋愛するハッピーエンドの映画だと思ったからです。そうではありませんでした。 新垣結衣は出ずっぱりです。しかし物語の軸は新垣結衣が他人の恋愛を助けることなのです。松田龍平と菊池凛子演じる分かれたばかりの二人を復縁させようと仲介役として新垣結衣が全編を駆け抜けてるだけなのです。新垣結衣演じる女の子は最後まで好きな人に告白さえできません!! では叶わない恋心を抱く新垣結衣の切ない物語と言えるかというと、そうでもありません。好きなことを意識しているシーンが若干ありますが、それ以上に応援するカップルの恋愛の方が印象が強いのです。主演俳優と恋愛の問題が若干ずれているという違和感を感じました。 そんないびつな映画ですが、新垣結衣は相変わらず可愛いです。叶わない恋心を演じているので、全編通して辛い微妙な表情の新垣結衣が楽しめる珍しい映画です。また、20代、30代の恋愛や結婚に対する悩みが幾らか語られるので、そういう視点で見たら面白いかも知れません。

閲覧数526