ここから本文です

不完全なふたり (2005)

UN COUPLE PARFAIT

監督
諏訪敦彦
  • みたいムービー 82
  • みたログ 113

3.35 / 評価:37件

男と女のリアル

  • hem******** さん
  • 2009年12月27日 21時13分
  • 閲覧数 624
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

日本人監督、諏訪敦彦。オールフランスロケ、フランス人俳優、フランス語ダイアログによる映画。

15年連れ添った男女が別れる直前。
友人の結婚式に出席するために二人でパリを訪れ、同じ部屋で過ごす。

これは面白い映画を観た。
出演者含め、全員が意見を出し合い、即興で物語が作られる手法。
出演者のインタビューを見ると、「あの場面がもし最初に撮られていたら、きっと最初のシナリオ通り、結婚式のあとナタリー(元カノ)に再会した時、そのまま寝ていたと思う。」と。
でも実際はそうはならなかった。
順撮りによるニコラの心情がそうはならなかったからだ。
あーなんて面白い試みだろう。

そして男女の破滅的なあのやりとり。
恋愛における、あの何も生み出さない悲しい無意味な会話に窒息しそうになる。
何が解決か、何か悪いのか、何を直せばいいのか。
まったく見えないあの感じ。リアルすぎる。

ラストは意外だった。
でもいい意味で裏切られて、本当に普通にありえる結末なのだ。

あのラストシーンのあの感覚。
こうなることはどっかでわかっていたような。
わかっていて茶番をやっていたような。
紙一重で、別れることにも、続くことにもなり得る。
男と女とは、なんて不確かで、なんてあたたかいんだろう。

「不完全なふたり」とはいい邦題だ。
不完全は悪い意味ではない。そもそも完全なものなどないのだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ