ここから本文です

崖の上のポニョ (2008)

PONYO

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 5,773
  • みたログ 1.6万

3.44 / 評価:7,980件

まな板の上のポニョ

  • CINEMA BOX さん
  • 2008年7月19日 4時53分
  • 閲覧数 2869
  • 役立ち度 994
    • 総合評価
    • ★★★★★

うだるような暑さと耐えられない湿気がスーツをジトっとさせる毎日だ。
今日もどこからか聞こえてくるあの歌。

「ポ~ニョポ~ニョポニョさかなのこっ あおいうみからやぁってきた♪」

朝のテレビ番組。営業途中のカーラジオ。いきつけの書店のスピーカー。
道端を歩く子供たち。同じマンションの一階に住むOLさんの部屋。
マツキヨで化粧品を物色する女子高生。自転車で二人乗りをするカップル。
私のかわいい娘たち。 げっ!妻までも。 あっ、私もかっ(笑)

「ポ~ニョポ~ニョポニョさかなのこっ あおいうみからやぁってきた♪」

街中があの歌で溢れかえっているのだ。 恐るべし宮崎アニメ。



宮崎アニメは中途半端な面白さでは許されなくなっっている。
『トトロ』『魔女の宅急便』などの手放しで楽しめるファンタジーか。
『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』などの壮大なテーマを語るのか。
『紅の豚』『カリオストロの城』などのマニア垂涎の活劇を描くのか。
『もののけ姫』のように自然と人間の共存を声高に訴えるのか。

この『ポニョ』という愛らしい人面魚を宮崎監督がどう料理するのか
日本中、いや世界中が楽しみにしているのだ。 もちろん私も。


さっそく試写会で鑑賞してきた。

『ポニョ』その小さくて愛らしい赤いお魚は金魚ではないらしい。
海から拾い上げられたにも拘らず水道からジャブジャブと注がれた
水でいっぱいのバケツの中で嬉しそうに飛び跳ねる。

ん? 5才の宗介が両親を「コウイチ」「リサ」と呼び捨てなのね。
ん? 『ポニョ』の父親は人間なのね。
ん? 『人魚姫』に『ワルキューレ』も混ぜちゃったのね。

リサの国産軽自動車は、ルパンの愛車フィアット500を凌ぐドリフトで峠道をかっ飛ばすし。
『ポニョ』と『宗介』は、デボン紀に生息していたムズかしい魚の名前を笑いながら言い合ってるし。

なんだか釈然としないまま睡魔が私を襲う。
はっと目を覚ますと…

「ポ~ニョポ~ニョポニョさかなのこっ あおいうみからやぁってきた♪」

うわぁぁ。歌ってるよぉぉ。 エンドロールだよぉ(涙)



気を取り直して2度目の試写会。
今日はは寝ないぞ!(笑)

CG等を使わずに手書きにこだわったという【絵】は一見の価値あり。
今までに見たことのない波の表現や、生き生きと描かれるポニョの表情などは秀逸。
『人魚姫』をモチーフに作ったということで、ポニョが誰とどうやってキスをするのか。
そのラストシーンは最高に可愛くて「らしい」キスだった。


「人間とは」「自然とは」「愛とは」「親子とは」
ファンタジーで壮大なテーマをいくつも語ろうとした『ポニョ』は、
誰のために作られた映画なのか最後までさっぱりわからなかった。
子供も大人も楽しませようとして、結局どっちつかずになった感じだ。

つまり「まな板の上のポニョ」を料理しきれなかったということ。
いや、調味料や香辛料を使いすぎて素材の良さを生かしきれなかった。

「ポ~ニョポ~ニョポニョさかなのこっ あおいうみからやぁってきた♪」
この主題歌くらい単純に楽しめる映画にしたら良かったのに。
なんだかとても残念である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ