ここから本文です

恋する日曜日 私。恋した (2007)

監督
廣木隆一
  • みたいムービー 73
  • みたログ 192

2.87 / 評価:77件

解説

80から90年代の名曲をテーマにした人気ドラマシリーズ「恋する日曜日」の劇場版第2弾。死期の迫った女子高生の小さな旅を、劇場版第1弾『恋する日曜日』も手がけた廣木隆一監督が叙情的に描く。若手注目株へと成長した堀北真希が、余命わずかなヒロインの心情を繊細に表現。彼女の幼なじみ役に『最終兵器彼女』の窪塚俊介。主題歌となった喜納昌吉&チャンプルーズの名曲「花~すべての人の心に花を」が深い感動を残す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

母をガンで亡くし、自らも余命3か月と宣告された17歳のなぎさ(堀北真希)は、幼いころ暮らした町へ旅立つ。そこには初恋の人、聡(窪塚俊介)が今も住んでおり、病気のことは告げずに彼の家に泊めてもらう。聡と過ごす中、楽しかった思い出をふり返りつつ、彼への想いを募らせるなぎさだったが、聡は人妻と不倫をしていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ