ここから本文です

阿波DANCE (2007)

監督
長江俊和
  • みたいムービー 74
  • みたログ 206

3.06 / 評価:112件

一見の価値あり!鳴門の渦はでかいぞ(^^;)

  • gfi******** さん
  • 2007年8月30日 21時18分
  • 閲覧数 173
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

勝地涼さんと榮倉奈々さんの熱演に好感が持てます。個人的にはこういう青春ドラマ好きなので応援したいです。川村茜(榮倉奈々)は最初、母親の離婚で鳴門に来た時、「無理!」を連発してムスっとしていたのに、コージ(勝地涼)や他の仲間にふれるうち、次第に心を開いていき笑顔も出るようになる。いろいろ紆余曲折はあったけど、クライマックスの阿波DANCEはなかなかのもの、もうちょっと見たい気がしました。
すべて100点満点の映画は洋画、邦画全部見渡してもそうそうあるものではありません。人によって受けとめ方が全然違う訳ですから。
そんな中で私はこの映画はよく健闘してる方だと思います。
余談ですが、映画に出てくる「大塚美術館」は陶板による複製ですが、「モナリザ」や「最後の晩餐」など海外へ行かないと見られない作品が多く、これも鳴門では一見の価値あり!です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ