ここから本文です

明るい瞳 (2005)

LES YEUX CLAIRS

監督
ジェローム・ボネル
  • みたいムービー 72
  • みたログ 72

3.88 / 評価:8件

見守られている

  • ymi***** さん
  • 2007年9月4日 20時10分
  • 閲覧数 164
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

 コバコ。何気ない雑貨屋で見つけた小箱のような映画。丁寧な作りで、さっぱりと優しい。"凝った" というと何かが失われてしまいそうだが、色合いといい、模様といい、心配りに触ることができる気がする。キラキラした飾りこそ無いけれども、ああ、ここまでこんな風に細工してあるんだ、と感心するような、そんな小箱の感じがする映画。

 この小箱のような映画、箱なので好きなものを容れることができるが、あまりご大層なものは映画の姿にふさわしくない。例えば、家族の間の孤独とか、コミュニケーションの困難さとか、社会への不適合とか、その手のものは、確かに語ることはできるけれども、この映画のたたずまいにはぴったりこないと思う。

 主人公のファニー(ナタリー・ブトゥフ)は自殺未遂の経験があり、精神疾患で入院したこともある女性。兄夫婦の家に居候している。一言で言えば "エキセントリック"。化粧っ気もなく、愛想もない。靴も嫌い。お年寄りの家の手伝いなどして小遣いを稼いで暮らしている。神経質な兄(マルク・チッティ)は、妹に気を使っているようでいて、底の方で食い違っている。兄嫁(ジュディット・レミー)とはそりが合わない。近所の子供に「狂っているのか」と訊かれたり、川に突き落とされたりするが、なんとかやっていってる。しっくりこないのだけれども。

 そんなある日、ファニーは兄嫁の浮気を見てしまう。ひりひりした空気が張り詰めだす。しっくりはまっていなかった感覚の、その部分が出っ張り、ちりちりとすれる。兄妹が死んだ父親のことで口論を始めると、兄嫁が鼻血を出すシーンがある。水位の上がった緊張感を描いていて、はっとさせられる。そして、ついにファニーと兄嫁が衝突し、兄が間に入って止める。

 ファニーは家を飛び出す。夜道を、自分で車を運転して、父の墓を見るために。映画のトーンが徐々に変わっていく。ふっと息をついたように画面が広がり、様々な音が増えていく。足を怪我した男が、色とりどりの椅子を運んでいる。それを手伝うファニー。椅子をいっぺんに、たくさん抱えたファニーは花束に見える。ドライブインでは、お腹がすいたのにお金がないので、隣の女の人のパイを盗み食いしてしまう。この辺りのギャグは、チャップリンの映画へのオマージュらしい。女の人がチャップリンのギャグをやると、なんともいえない柔らかさが感じられると思う。木綿の肌触りといえばいいか。

 映画はさらに無声映画に近づく。森の中で車がパンクする。山小屋からオスカー(ラルス・ルドルフ)が現れて修理してくれるが、彼はドイツ人らしく、フランス語が通じない。科白がどんどんなくなっていく。身振り、手振り、視線と表情で通じ合うファニーとオスカー。髭もじゃのオスカーの目は、きれいな青色。オスカーはファニーを見守る。視線というのは、画面に映らないものの一つだ。しかし、この映画では、見守られている温かさがこちらの肌にもしみこんでくる気がする。この映画自身が、不器用なファニーとオスカーだけでなく、観客のわれわれをも見守っているのではないだろうか。そこには、選ばれた森の音、鳥の声、色彩-曇り空の真珠の輝きを映した色彩が一役買っている。

 感動とか、爆笑とか、謎解きとか、隠喩だとかの、尖った、重苦しい、ごつごつした、ぴったりこないものは、この映画にはない。現れるものは、およそフラットで、ゆるりとすり合うものばかり。観ている側は、それらが画面にあふれる幸せを感じることができる。オスカーはファニーを見守り、ファニーはオスカーを受け入れる。ぴったりと、しっくりと合ったとき、胸の奥でゴロゴロしていたかたまりが、溶けて、ファニーの目から涙となって流れる。

 そして、ラストシーン。映画の始まりからアクセントになっていた赤色が、ここに登場することに目を見張る。それが、思い返したように、振り返るように現れると、たちまち画面は暗転する。素晴らしい。映画的幸福感の、控えめなピリオド。微笑みとともに、小箱の蓋は閉じられる。ぴったりと。

 この映画を、誰かに勧めようとは思わない。秘密にしようとも思わない。声高に語る気もさらさらない。目配せで、「観たよ」、「ね、いいでしょ」、「うん」というやりとりで充分だ。家に買って帰ろう。目が届くところにおいて置こう。分かります?これは、そんな感じの映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ