ここから本文です

明るい瞳 (2005)

LES YEUX CLAIRS

監督
ジェローム・ボネル
  • みたいムービー 72
  • みたログ 73

3.88 / 評価:8件

傑作ではありませんが、良作ではあります。

  • kei***** さん
  • 2007年10月7日 3時00分
  • 閲覧数 161
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分をうまく表現できない。
社会とうまくおりあえない。

このまま、救いのないまま
閉鎖的な社会の中で
誰にも理解されないと自暴自棄になって
底なし沼のような場所に落ち込んでいくのかもしれない。

でも、
人生って袋小路ではない。
いつか、
なにか、
きっかけとして好転する機会が訪れる。

そうだったらいいなあ。
そうだとうれしいな。

そう思える映画。
現実はなかなかそうは行かないかもしれないけれど。
そう信じられたら、もっと希望を持って生きていける。

そんな映画です。

けっして「傑作」とまでいえない映画ではあります。
でも、こういう映画に出会えるから
映画が好きですよ。

そう思えました。


途中から、台詞がほとんどなくなります。
まるで、原始に戻ったかのような男女のコミュニケーション。

東京に住み文明に囲まれていると
そんなシーンですら
ちょっとした神々しさを感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ