レビュー一覧に戻る
リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?
2007年10月6日公開

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?

HOODWINKED

812007年10月6日公開

mii********

3.0

赤ずきんちゃんご用心♪

この、Yahoo!映画の赤ずきんちゃんの画像を見ると、 劇団○○が△△公会堂でお贈りする、着ぐるみショー♪のように見えません? もう気になって、気になって、どんなアニメーションなんだ~い!と、観てきました♪ どんぐり眼を、パッと見開いたレッドのキュートなキャラがことのほか可愛い♪ 可愛さの中にも、だんだんと目を七部開きにしたり眉間に皺寄せたりもするんですよ。 何故かは、劇場で確かめてくださいね。 童話を読み進めるかのような導入部もOK!OK!つかみはgood! 昔、むか~し、大好きなおばあさんの家に訪ねてきた“赤ずきんちゃん”が悪いオオカミに襲われちゃう。な~んてお話がありましたが・・・・・今回は違う!ちゃう、ちゃう、ちゃう♪ 登場キャラの設定は、パケットおばさん・レッド(赤ずきんちゃん)・オオカミは一緒だが、 お話しが違う為、そのほか様々なキャラが出てきて視覚的にも楽しめるよ~♪ そしてこの作品の一番のプッシュどころと言うと、映画知識豊富な方々はすぐさま、 「ハハァ~ン」と思うだろうが、ある事件にたずさわった関係者の証言が食い違う様を、 それぞれのキャラの角度(言い分)から楽しませてくれるんですよ。この手法はよく出来ていて完成度が高いからお見逃しなく。 それとね、これ言っちゃっていいかなぁ~、小気味よいテンポで始まったオープニングから20分くらいは、小ネタの笑いが随所に仕込まれていてスクリーンに向かって指さして笑ったり、手をたたいて笑っちまう箇所もあるので注意しましょうね♪ でもね、観劇中に気づいたんだけど劇場内のチルドレンの笑い声が聞こえて来ないんっすよ。 そんな中、後ろの親子づれのパパさんが「あっ!そ~か~なるほど♪」と言って、お子ちゃまに何が面白いのかをヒソヒソ教えていたのには微笑ましかったり、うるさかったりでしたよ。 こんなもんでお伝えしたい事がお解かりでしょうか? 確かに絵が可愛い。面白い。ストーリーもミステリー仕立てだけど単純明快。 お子ちゃま向け作品だと思うのですが・・・・・何か物足りなさを感じちゃう。 先に紹介した小ネタの笑いも中盤過ぎると息切れしちゃって色褪せちゃうし・・・・・ それからアニメによく言われるところの声優さんについても一言。 上野樹里ちゃんがね、上野樹里していたところが今ひとつだと思っちゃった。最後まで彼女は女優してましたからね、比較してはなんですが、蒼井優ちゃんはアニメ作品だと女優から声優に自分を変身させちゃうから凄いですね。樹里ちゃんも声優に化けてほしかったかな。 オオカミは、あのだみ声、加藤浩次。これがなかなか板について良し。カエル探偵のケンドーコバヤシは最たるもの♪ 言わずと知れた本業の声優さん達は凄いの一言! 総合的には、そうだなぁ~お腹満腹でも、ちゃんとデザートを詰め込められる方には、 劇場で観るのもお薦めできるかな。 公開初日にこんなマイナスイメージのレビュー書いちまいましたが、 それぞれの作品を思う気持ちは千差万別だよ、自分で観て感じて素晴らしい作品レビューを発表してくれれば嬉しいね。

閲覧数261