レビュー一覧に戻る
リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?
2007年10月6日公開

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?

HOODWINKED

812007年10月6日公開

mur********

3.0

ネタバレ独創的

誰もが知っている童話赤ずきんの世界をモチーフに、平和な森で起こった一つの事件を巡って容疑者4人の証言が食い違う“藪の中”状態に陥っていくさまを、シニカルかつ独創的に描いた痛快CGアニメーション・コメディ。   赤ずきんちゃんの世界を面白おかしく描いてるのかなって思ったら結構ブラックな展開で違った意味で楽しめました。 赤ずきんちゃんや3匹の子豚などのお話が登場するけど、もっとこういうお伽話とリンクしてたら、そういう場面を探す楽しさがあったでしょうね。 関係者4人の事情聴取が行われる時にバンテージ・ポイントと同じように一人一人の目線から同じ場面が展開するんです。 レッドがこう思ってても本当は違ってたって発見がたくさんあって楽しかったです。 特にレッドのおばあちゃんのエピソードが最高でした。 これだけクールで弾けたおばあちゃんが身近にいてたら楽しいやろうなぁ。 キャラクターが凄く魅力的なんですが、レシピ泥棒の犯人だけが拍子抜けでした。 これは観てもらえたら分かると思うけど、物語が盛り上がってきたのに頂上からフリーフォールで落とされたぐらいガックリきます。 あくまで主役はレッドやけど、この展開なら悪役にも一捻りがほしかったです。 5歳の娘と3歳の息子と観たのですが、2人とも笑ってました。 内容はちょっと大人向けかなって思ったけど子供でも楽しめるようです。 子供達と観ると吹き替えになってしまうので、後で一人字幕版を観なおしました。 個人的には字幕版の方が好きです。 レッドの声はアン・ハサウェイなんですが、メチャクチャ色っぽいんですよ。 それに較べて吹き替え版の上野樹里はイマイチやったかな。 今までのフルCGアニメとは一味違うので暇があればどうぞ。

閲覧数680