ここから本文です

スターダスト (2007)

STARDUST

監督
マシュー・ヴォーン
  • みたいムービー 437
  • みたログ 1,779

3.76 / 評価:667件

夢も希望もトキメキも、ない!!

  • sno***** さん
  • 2013年9月1日 16時08分
  • 閲覧数 2510
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ああ最後には疲労感が・・・。ファンタジーってなんだっけ?と考えさせてくれるという意味合いでは勉強になるかも。

まず、不思議の国に足を踏み入れた若き日のトーチャンがいきなり何か恰幅のいいオバサンに誘惑されてストーリーが始まる。
二の腕逞しいオバサンが、流し目に腰をひねって、ウインクもしそうな勢いで正直オエーっ。こちらは見たくもないのだが、モヤシっ子のトーチャンはノックアウト、しかも出会いしなに一夜を共にするわけ。まずここでドン引きする。もしやこのモヤシとオバサンが主人公とヒロイン・・・?と不安な気持ちに包まれた。しかもオバサンよ、奴隷の身のくせに客と一発、なんて余裕だな!しかも王女のくせに何という気品の無さ!そして産まれたのがこの主人公なのです!(ドーン!!!)
前段でもう、不安でいっぱいになるのである。こ、この作品はちゃんと自分を楽しませてくれるんだろうか?
しかし裏切られる期待と希望。
主人公は田舎臭いでくの坊で、村一番の美女だが性悪のヴィクトリアに首ったけ。彼女は他の買い物客を押しのけていの一番に買い物したり、他の男と婚約する仲なのに主人公とも深夜に密会するほどのビッチなのだった。
そんな女に、世界中の富や財宝を捧げると口説く主人公・・・。ハッキリ言って女を外面でしか見られない魅力ない男にしか見えないのである。
そして冒険に出た主人公と運命的に出会う「星」の乙女イヴェインが、、、
こういってはなんだが、ほんっとうに、、、可愛くねぇ・・・・。
態度も微妙なのだが、見た目も骨ばった顔に眉なしでヒロイン的な華が無いのである。せめて書けよ、眉・・・。
そんな2人が旅立ち、立ちふさがる困難に太刀打ちするごとに絆が生まれ恋に落ちる・・・のだが、主人公の成長が髪型をイメチェンしたり服を整えたりというやはり外面の成長しか描かれず、心が成長したとは感じられない。相変わらずヴィクトリアヴィクトリア言ってる。しかも、イヴェインに告白されたとたんコロッと真実の愛とやらに目覚め、即ベッドイン(そういうDNAなのか?)
そしてそんな主人公のどこに惚れたかわからないヒロインイヴェインの、トキメキ度合いによって増す輝きエフェクトがしつこい。キラキラしすぎて、イヴェインの顔がよく見えない。やはり演技で内からくる輝きを表現できずに、とりあえずキラキラエフェクトさせとけ☆って感じなのだ。
そんな2人が魔女オバサンやオッサン王子をやっつけて、最終的に王や王妃になるのだが、その頃には遠い目をして時計と画面を見比べていた。
更に言うならば、ファンタジーの真骨頂、魔法の表現もしょぼい。
壮大なロケ地(イギリス?)の自然をバックに、コスプレした役者が馬車にのってエイヤー!と叫んで、後でチョイチョイとCGで魔法のエフェクトかけときました☆って感じなのである。
主人公やヒロインにまったく感情移入出来ないファンタジーほど悲しい娯楽は無い。
極めつけに映像や背景もとって付けたようなチープさである。
ファンタジーってもっとワクワクドキドキしてなかったっけ。深い自問自答の渦に呑み込まれる2時間だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ