レビュー一覧に戻る
ミルコのひかり
2007年9月8日公開

ミルコのひかり

ROSSO COME IL CIELO

1002007年9月8日公開

mn2********

4.0

うーん、これもいい映画

去年公開された、イタリア映画です。 チェックが甘く、見逃していました。 なんとなく題名「ミルコのひかり」って、題名記憶にあり、 借りて見たものです。 実話です。幼い主人公、 彼は、今、イタリア映画界の音響編集のお偉方になっているみたいです。 ミルコ、10才。家の銃で、遊び、事故。 失明します。 視覚がなくなった中、 彼は、「音」に「ひかり」を見出します。 ただこの映画、物語、 単純ではありません。 「障害者は、この世界だけに」って、当たり前ですが、古い感覚、押し付けます。 でも新しい感覚は、戦います。 そこから、人間、障害者だって、出ようとします。 人間は、「自由」であることが、 人を伸ばすこと、「障害者」を主人公にしつつ、 「人間」を訴えた映画になったように思います。 視覚障害者の映画、それだけでも、少ない映画なのに、 この映画嬉しかった。 こんな映画、いっぱい作られたら、 社会、変わっていくと思います。 実は、おじさん、今公立中学校の教師ですが、 デビューは、盲学校の臨任です。 健常者にはわからない、盲学校(身体に障害を抱えてる人)への差別、 なんとなく実感しました。 (実は、なんとなくでなく、すごいものがありました。) この映画、そんなことも描きながら、 どんな人も、伸びます。 社会も変わる。希望です。 みんなで、一緒に、 共生できたら、いいのにな。 見てください。この映画。 あたたかい気分。 人の可能性、信じれるようになりますよ。 PS.今日、知人に会いました、以前映画館で「レビュー入れてる」って紹介しました。  その知人、久しぶりに今日出会い、「お気に入りに入れました」って。嬉しかったで  す。ありがとうございました。いっぱい、映画見て、レビュー、がんばります。これか らもよろしくお願いします。

閲覧数202