2007年9月22日公開

めがね

1062007年9月22日公開
めがね
3.6

/ 1,255

25%
31%
27%
11%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(657件)


  • smy********

    4.0

    ネタバレ世界との向き合い方

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • じんさん

    4.0

    現実主義な人は苦手かと

    こんな素敵な生活、自由、なかなかできないです。映画の中で疑似体験できるだけ、忙しい毎日を生きる私には癒しになります。 考えすぎて疲れたり、何も考えたくない時に、ふと観たくなる映画です。 映画に、何か意味や理由を求める人は、気持ち悪かったり、宗教って言ってみたり、苦手意識が強いかと。

  • kanelbulle

    5.0

    ヨモギくんの詩が全て

    私達は昔からずーっと自由の解釈を間違って教えられてきているので、常に何かと戦って生きている。 本当の自由を、民宿ハマダの春が教えてくれます。 ”何が自由か知っている 道は真っ直ぐ歩きなさい 深い海には近づかないで そんなあなたの言葉を置いてきた 月はどんな道にも光をそそぐ 暗闇に泳ぐ魚たちは宝石のよう ぐうぜんニンゲンと呼ばれてここにいる私 何を恐れていたのか 何と戦ってきたのか そろそろ持ちきれなくなった荷物をおろす頃 もっとチカラを やさしくなるためのチカラを 何が自由か知っている 何が自由か知っている” Mir ist bewusst was Freiheit bedeutet … Folge dem Wege geradeaus, meide die Tiefen des Meeres, doch hab ich sol'ch Wort hinter mir gelassen. Der Mond scheinet auf jedem Wege, wie die, in der Dunkelheit, wie Diamanten schwimmenden Fische; heiss wie durch Zufall Mensch - und hier bin ich. Was hatt'ch zu befuechten, mit was zu kaepfen, bald ist es Zeit die Lasten zu legen. Erteile mir noch mehr kraft, Kraft zur Liebe. Mir ist bewusst was Freiheit bedeutet, mir ist bewusst was Freiheit bedeutet

  • KIKI

    5.0

    最高の癒し

    この映画に出会えたことに感謝です

  • INFINITY

    5.0

    ゆったり

    流しているだけでも邪魔にならずに癒される映画。海はいいな~と思った。 ちゃんと観ると、価値観や共感する部分が多くて、楽しい。 自然体で生きるっていいなと感じます。 風景や家具やファッションのひとつひとつがおしゃれで、それも参考になりました。 都会生活に疲れた人にもおすすめです。

  • akk********

    5.0

    ネタバレ深読みするのかさらっとみるのか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dsk********

    2.0

    途中で挫折

    離島暮らしの良さが全く入ってこない序盤 この作品が駄目な人はおそらくパンとスープやカモメ食堂の小林聡美を観たいから来てる。 整っており凛としている人物像。 本作品は序盤からそうでないのが続くのでストレスでしかない。なので挫折してしまいました。

  • mcr********

    3.0

    ネタバレ好き嫌いあると思う

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • a1b********

    4.0

    癒し

    最初は主人公と同じで、旅行先つまらな。こんなとこ早く帰りたい。って思ってたけど、 どんどんこの生活いいなって思ってきた。 癒し。ハマるの分かるな、毎年行っちゃう。 自然ばかりの何もない場所でたそがれる… ご飯美味しそうだったし、現地の人いい人ばかりだし。 でも電波つながらないのはきついな笑 都会に住んでる忙しい人なんかには良いと思う。 観てて癒された。

  • はなうた

    4.0

    こんな生活してみたい

    どの映画でもそうかもしれませんが、世代やその時の生活状況によって感じ方が違うと思いますが、私はとても良かった。人生に疲れた今、ゆっくり黄昏たい。小林聡美さんの演技、いいなぁ。

  • ポンコツ

    1.0

    ネタバレ新興宗教タソガレ教

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tal********

    1.0

    ネタバレ価値観の押し付け

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • もっち

    5.0

    好き嫌いがはっきり分かれると思う

    とても大好きな映画で、今では生活のbgmとして流しっぱにする程。 荻上直子監督らしい独特の空気感や行間があります。映像もきれい。 確かに、ストーリーは淡々としていて盛り上がりに欠けるし、脈絡が無いように見えるし、全体的にふんわりしているけれど、私はそれが好きです。 「ぼーっと、ゆっくりと生きて良いんだよ」と言われているみたいでホッとします(せかせかと生きていて辛かった時代にこの作品に出会ったので、余計に響いたのかも)。 一回見ただけでは、はてなマークが頭に浮かぶだけで終わるかもしれないですが、噛めば噛むほどな作品だと思います。 例えば、もたいまさこさん演じるサクラの台詞で「大切なのは焦らないこと。焦らなければ、そのうちきっと…」というものがありますが、作品を見る日によって、頭に入ってこない時とやけに心に沁みる時があります。 そんな感じで、私にとってはですが、その時の自分の境遇や心境に合う、自分がホッとするような言葉が作中に散りばめられているんだろうなと思っています。 ただ、合わない人にはとことん合わなくてつまらないと思うし、映画を観る層がピンポイントな作品だと思うので、好き嫌いがはっきり分かれるのは仕方がないとも思います。 忙しない世の中、ゆっくりとした時間を求めている人には合っていると思いますよ‎

  • ham********

    2.0

    ちょっとイライラ

    かめも食堂のあとに観ました。 かめも食堂はのんびりゆったりほんわかな気持ちになったけど、めがねは最後のシーン以外はあまり心温まる感じはなかった。 生物の先生とタエコとのやり取りがイライラさせた。 お互いに角の立つような言い方しなきゃいいのにって。

  • sak********

    4.0

    ネタバレ黄昏

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gra********

    1.0

    なんか気持ち悪い

    だんだんと変な宗教に取り込まれていくさまに見えて嫌でした。それを良さげな雰囲気で展開していくので尚更気持ちが悪いです。

  • b

    3.0

    この監督さんらしい

    この監督さんのいつもの、という感じ。(悪い意味じゃなくて) 小林さんきれいだった

  • mic********

    5.0

    嫉妬の可愛さ

    もたいさんの自転車の後ろに聡美ちゃんが乗った事に体して、市川さんは勿論、加瀬くん、光石さんまでちょっと嫉妬する。 嫉妬の場所がそこって事が、この映画の全てを表していると思う。 素敵です。 良き音楽を聴いているような映画です。

  • fun********

    2.0

    ネタバレ旅慣れしてる人には

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gar********

    3.0

    荻上直子ワールド

    かもめ食堂の2番煎じ?って感が強いですがw かもめ食堂の世界観と言うかあの空気が好きな人には必見の作品ですね ふわぁ~っと流れる空気 そんなたそがれた空気の中で出会う人と人 何にも起こらない日々の中で何かに気づかされる自分 まぁストーリー的にはめっちゃ退屈な映画ですw でも最後まで見てしまいます 何処が面白いのか分らないけど面白い映画でした それと海辺の風景は最高でした

1 ページ/33 ページ中