ここから本文です

酔いどれ詩人になるまえに (2005)

FACTOTUM

監督
ベント・ハーメル
  • みたいムービー 185
  • みたログ 341

3.68 / 評価:98件

リリ・テイラーうまいっ

  • ilbh13790 さん
  • 2011年7月6日 12時40分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

何故観ようと思ったのか?
おそらく「キッチンストーリー」の監督の別作品ってことだと推測
でも自伝小説の映画化ということもあり「キッチン・・・」の監督が創ったとは到底思えない。

私に云わせると"いつまで芸術家気取ってんだ!金稼げ!我慢を覚えろ!"と怒鳴りたくなるけど、ダメ男にはダメ女がついちゃうのよねえ~
マット・ディロンは酔いどれ役ははまってるけど、いい作品を書く作家にはどうも見えなかったなあ・・・反対に、リリ・テイラーの演技には感服!

作品全体に特別雰囲気がある訳でもなく味わいも感じない
マットがつぶやく本の内容にも心にくる言葉がない
演者と音楽に連れられて最後まで観れた感じ

チャールズ・ブコウスキーか出演者ファンでない限りはいまいち面白くないのでは?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ