ここから本文です

Little DJ 小さな恋の物語 (2007)

監督
永田琴
  • みたいムービー 255
  • みたログ 920

3.96 / 評価:364件

撮るのが遅すぎた作品

  • ネコロック さん
  • 2009年7月22日 15時13分
  • 閲覧数 242
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

非常に残念です

天才子役 神木くんと福田さん 出演作品とあって
みましたが、明らかに、大人になりすぎました

永遠の子供でい続けてもらいたい神木くん
ほんとに成長していて、かわいいだけではなくなりました
体の弱かった神木くんを思うのであれば彼の成長を喜ぶべきところですが
彼の、小さいころの活躍をみていたものからすれば
また1人天才子役を卒業してしまった・・・と悲しくもあります
同様、福田さん
彼女も素晴らしい女優さんですが、今回に限り 演技に
わざとらしさ が垣間見られ みていて 自然じゃない彼女に
残念な気持ちになりました

彼らの設定年齢がもう少し低ければ、彼らの起こした行動で
すんなり納得いくこともあったかもしれない
中2の設定の福田さん 
中2なら、もう少し考えろよって思わずにはいられない
行動をとり、やっぱり不自然さが残るのです

小さな子供だからこそ、無鉄砲で感情的で、周りの大人の気持ちなんか
わからないけどだけど、どこか素朴で・・・っていう感じが
この映画には足りなかったと思う

Littleがなかった

かといって、大好きな神木くんの作品ですので
批判ばかりするのも気が滅入るので
見所を少し紹介

舞台は1977年 函館

当時を知らない私ですが、古きよき日本を再現していて
40~50代の人が見ると、懐かしく思える
シーンが出てくるのではないでしょうか
昔のスカイラインが登場し、昔の車はかっこいいなぁと 感想
王選手がテレビで放映されている 盛り上がりのあった時代

神木くんがとあることがきっかけでDJとなり
病院でのお昼のDJとなるのですが
彼が送ってくれた 曲 
この映画で初めて知った曲 

QUEENの 愛にすべてを somebody to love

大好きになりました


P.S 窓を開けて

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ