ここから本文です

それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン (2007)

監督
矢野博之
  • みたいムービー 12
  • みたログ 42

4.28 / 評価:18件

解説

やなせたかし原作の国民的人気テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版シリーズ第19作。エンディング曲の一節をモチーフに、自信がなくてくじけそうなときでも、あきらめないことの大切さを描く。大きなシャボン玉を作ることができず、自信をもてない主人公プルンの声を、水野真紀が担当。また、シリーズ初登場のキャラクター、ホラコちゃんが愉快なホラ話で周囲を振り回す『ホラーマンとホラ・ホラコ』が同時上映される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

シャボン玉ショーに出ているプルンの悩みは、ほかのシャボン玉ガールズのような大きなシャボン玉を作れないこと。ある日、森の谷底に落ちてしまったプルンはさまざまな危険に遭うが、クリームパンダやアンパンマンに助けられてシャボン玉城に帰ることができた。しかし城は、ばいきんまんが発明した気味の悪いシャボン玉に支配されていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ