ここから本文です

アイ・アム・レジェンド (2007)

I AM LEGEND

監督
フランシス・ローレンス
  • みたいムービー 1,745
  • みたログ 9,745

3.19 / 評価:3705件

ウィルスの脅威

  • mar******** さん
  • 2021年2月21日 20時33分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ガン細胞の死滅は、我々人類の最大の願いだろう。毎年多くの人がガンによって命を失っている。今作は正にガン細胞を死滅させるために製造された治療薬からゾンビが誕生してしまった。唯一生き残った主人公は科学者であり、動物やゾンビを使って実験を行っている。物語の大まかな軸は、血清を作る科学者と恋人を奪われたゾンビのボスとの生存競争であろう。
アメリカ映画は、こういうウィルスや治療薬からゾンビが誕生して世界を混乱の渦に巻き込む作品を制作するのが好きである。この作品は心情の部分ではあまり伝わってこないが、内容としてはなかなかスリリングだし、色々考えさせられる作品になっていて面白かった。

昔、日テレの世界まる見えで、ある日突然人間がいなくなった場合の地球の流れをシミュレーションした映像を放送していた。この映像を見たことがあるためロバートの生活スタイルが面白く感じた。実際に自分だけ生き残った場合、どうなるのか興味はある。しかしながら、主人公のような知識も技術も持ち合わせてないため、食糧を探したり、本屋とかで作物の育て方の本を読んだり、発電機をホームセンターから手に入れて生活するのかとか考えると、この作品は想像心を膨らませてくれる。

娯楽という意味では面白い作品だったが、今感染拡大しているコロナウィルスのワクチン薬を様々な製薬会社が競争して製造する姿を見ると、現実に起こり得ないということはないと思う。接種を受けて抗体が出来たとしても数年先のことは誰にもわからないし、無事にインフルエンザみたいに警戒されなくなるかもしれない。こういう時こそ見るのも面白いかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ