ここから本文です

封印殺人映画 (2006)

GOING TO PIECES: THE RISE AND FALL OF THE SLASHER FILM

監督
ジェフ・マックィーン
  • みたいムービー 25
  • みたログ 63

3.88 / 評価:41件

愛すべきホラーの歴史

  • mik******** さん
  • 2009年7月14日 2時19分
  • 閲覧数 500
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

スプラッター・ホラーの歴史を社会的側面をふまえて、ホラーの巨匠たちのインタビューを元にしたドキュメンタリー。

今回で見るのは二回目だが、面白い。
「アメリカン・ナイトメア」よりも今作の方が断然いい。
アルジェント&ジャッロが紹介されなかったのが残念でした。

記念日ホラーの話やスプラッターへの抗議活動の話は必見です。

「誕生日はもう来ない」なんかは今作を見て知りました。

「バーニング」や「ローズマリー」も見たいな~
キングレコードあたりがDVD化してくれないかな…
「血のバレンタイン」は8月にリリースするので、楽しみです。
ホラー好きは楽しめるドキュメンタリーなので、是非見ましょう。
ロブ・ゾンビのことや「ソウ」「スクリーム」といった最近の作品も紹介してくれるよ。

でも、自分の生まれる前の時代のホラーってとてもいいです。
最近の作品よりも、手作り感が感じられて、生き生きとしていて。

ホラーの巨匠たちの愛を感じますね。
これからも愛しいホラー映画を生み出してください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ